ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

仏Archos、TI OMAP 4 1.2GHz を搭載したHoneycombタブレット「Arcchos 101 G9 Turbo」を欧州で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

仏ArchosがHoneycombを搭載した10.1インチタブレット「Archos 101 G9」の高速版「Archos 101 G9 Turbo」を発売しました。101 G9 Turboは現在、16GBのフラッシュメモリを搭載したモデルのみが欧州で販売されています。250GBのHDDモデル、8インチの「Archos 80 G9 Turbo」はまだ発売されていません。101 G9 Turboの価格は、英国では£299、欧州では€349。9月下旬に発売された101 G9には、1.0GHz駆動のTI OMAP 4が搭載されていますが、今回発売された101 G9 Turboには、1.2GHz駆動のTI OMAP 4が搭載されています。スペックシートにプロセッサーの型番は記載されていませんがOMAP 4460と思われます(OMAP 4460ならGPUクロックも高い)。当初、Turbo版には、1.5GHz駆動のOMAP 4460が使用される予定でしたが、プロセッサーの出荷時期の関係で延期され、今回の1.2GHz版が使用されることになったとされています。1.5GHz版は来年初頭に発売される予定です。Source : Archos 


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、ARM Cortex-A15を使用した2GHz駆動の「Exynos 5250」を発表
来年4月開局予定のスマートフォン向け放送局「NOTTV」に対応する端末は、NTTドコモからスマートフォン1機種、タブレット1機種が開局当初に発売
英Cloveが発売したXperia activeにはLive Viewが付属

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。