ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「気付けば○カ月」転職が長引く人の注意点3点

DATE:
  • ガジェット通信を≫


そもそも転職に成功や失敗があるのはどうしてでしょう。転職の成功と失敗。その違いは一体どこから来るのか。多くのことを考えだす前に、まず自分に問うて下さい。その転職はどんな感情に紐付いていますか?逃げ出す転職に成功はありません。転職を考える時、まずは自分の状況を冷静に見つめましょう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

外的タイミングに言い訳せず、内的タイミングを調節する

転職において重要なことの一つがタイミングです。ただ、多くの場合タイミングというと、周りの環境がもたらした偶発的転機のことを指しているようです。しかし転職の成否を分けるのは環境ではなく、自分の中にある感情のタイミングです。これを内的タイミングと呼びましょう。

今の会社に不満があったり、今ひとつ活躍できていないと感じたりする時、あなたも転職を考えることがあるでしょう。しかし、そういうネガティブな感情は、必ず行動や発言に表れます。このようなモチベーションの時期は、内的タイミングが悪いということです。

今の仕事に充実感を感じている人は、気力・体力共に空気的に明るいものを感じさせるのです。このような心的モチベーションの状態なら、転職も勢いよく進められるでしょう。ネガティブな感情を追い出して前向きなモチベーションに感情を調節しましょう。そうなった時が、あなたの転職が成功するタイミングです。

今あなたの状態はどちらでしょうか。転職したいという気持ちが急いている時、だいたいにおいてネガティブな感情が頭を占めていたりはしませんか。

職場を変えるだけで、自分まで変わると思ってはいけない

今の職場に対する不満も含めて、状況を変えたいと強く願い行動に移したか、そして結果が出せたか、一度考えてみてください。転職すれば何とかなる、という考え方は非常にネガティブな逃げの姿勢です。現状から逃げ出すだけでは、職場が変わっただけで自分まで何か変わったと思い込むだけです。また同じことを繰り返し、後悔する人生になることの方が多いです。

自分で何かを変えたい、そのためにできることをやるという姿勢に立って、面接でその意志を伝えられれば、自分を生かす転職につながるはずです。

前に進む事を止めてでも、考えて欲しい3つのこと

転職は人生を変える転機です。転職すると決めるとき、立ち止まって考えて欲しいことがあります。

1. 自分の感情を知る

焦る気持ちを抑えて、自分を支えてくれた人たちのためにも、一度心を落ち着けて下さい。冷静に、客観的に自分の感情を”知って”ください。

2. 不満を持つことが悪いのではなく、不満だから辞めるは自分の真意に気づいていない

ネガティブな不満とポジティブな野心は表裏一体です。不満が見え隠れする場所に自分のポジティブな真意が埋もれています。埋もれているから居心地がわるく、不満を抱いたんです。自分では気づかないネガティブな面が、本来の自分の気持ちを消してしまい、転職活動をただの時間稼ぎにしてしまうかもしれません。

3. やると決めたら、先の計画を立てる

転職を決めた理由は様々あるとしても、退職や転職には必ずかなりのエネルギーと時間を費やします。無計画に動いても望む結果は得られません。

誰だって後悔しない、納得できる転職をしたい。そのためにはネガティブな感情ではなく、きちんと自己統率して前向きな気持ちで転職に臨みましょう。

(記事・監修協力:アクシス株式会社 末永 雄大)

記事提供/コーリングッドニュース編集部
(R25編集部)

「気付けば○カ月」転職が長引く人の注意点3点はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

愚痴、アピール過剰…転職者の約4割「面接で失言」
転職を思いとどまる条件TOP10
「会社の辞め時」診断リスト5カ条
「転職」適性セルフ診断テスト10
学歴、経歴からして今の職場は「妥当」? 皆の答えは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。