ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Steamで配信されているVRゲームの営利利用が可能に ライセンスモデルが発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Valveは、インターネットカフェなど自宅外でのVR体験を実施する企業向けに、新たなサイトライセンスモデルを発表しました。

ネットカフェや博物館など様々な場所で

VRのクオリティは今も加速的に成長していますが、高品質な体験をするにはどうしても費用が高い、十分な場所が確保できないといった壁があります。

そうした個人では買えない層にとって、インターネットカフェでの手軽なVR体験は一つの選択肢になるでしょう。

今回Valveが発表したサイトライセンスモデルは、HTC Viveを含むSteamのあらゆるコンテンツを公共の場で利用可能にするもの。

アーケード施設だけでなく博物館、ポップアップストア、そしてネットカフェなど、「考えうるすべての場所」での利用を含むとValveは述べています。

HTCと足並みを揃えてVR体験施設を推進

このライセンスでは、利用者には営利利用が許可され、またValveが「Free Site Subscriptions List」に上げる『The Lab』や『Portal Stories: VR』といったフリートゥプレイのコンテンツも展示することができます。

Vive VRカフェ」や「Viveland」など、HTCも今まで様々なアーケードVRに力を入れてきました。

ValveとHTCは、足並みをそろえてVR施設の展開を推進していることがうかがえます。今回の新ライセンスで、より多くの企業が「外出先でのVR体験」を広げ、多くの人に触れる機会が増えると期待できます。

(参考)
Road to VR / Valve Move to Kickstart the VR Cybercafé with New SteamVR Licensing Model(英語)

http://www.roadtovr.com/valve-move-to-kickstart-vr-cybercafe-with-new-steamvr-licensing-model/

※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP