ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【極上レシピ】サバの水煮缶でつくる「スリランカ風サバカレー」がサイコーに美味い【東京カリ~番長】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20161018085640j:plain

今日もカレーにDELIGHTSを!

よろこびこそがサイキョー、サイコーの隠し味!?

確かな技術と経験に裏付けされた、新オトコのカレー道。

【でらいつカレーvol.2】「スリランカ風サバカレー」のつくりかた【東京カリ~番長】

f:id:Meshi2_IB:20160922181520j:plain

近ごろ、スリランカカレーが流行ってるらしい。

ひと皿にカレーや付け合わせを何種類もかけ、最終的にまぜまぜして食べちゃう、っつー、なんとも行儀のわる……いやいや、じゃなくて、じゃなくてw。

見た目もカラフルなうえ、味の変化をいろいろ楽しめる、とっても、おっしゃれ~なカレーなわけです。

f:id:Meshi2_IB:20160922181519j:plain

ちなみに、これ。

わたくしが木曜ランチ限定で営業している「TOKYO SPICE CURRY」(通称木曜カレー)のある日のカレーです。

ククルマスカレー(左)以外はスリランカ式のカレーではありませんが、スリランカスタイルで、ワンプレートにカレーと副菜をすべて盛り付けています。とっても、おしゃれでしょ?(←聞くな聞くな! w)

ハイ。そんなこんなで、いま、ナウでしゃれおつなスリランカカレー! ひとつくらいは自分で作れるようになっておきましょう。そーすれば、マジでモテモテ間違いなし!

ってことで、でらいつカレー、本日も元気にはじまりはじまり~。

スリランカ風サバカレー

f:id:Meshi2_IB:20160922181521j:plain

基本の食材はこれ。(詳細レシピは最後に掲載します。)

【材料(2人分)】 サバの水煮缶:2缶 パンダンリーフ(ランペ):1枚 玉ねぎ:1個
ホールトマト:1/2缶 ココナッツミルク:250ml シナモンスティック(セイロンシナモン):1/2本 鰹だしの素:小さじ1 スリランカカレーパウダー:大さじ1 にんにく:5g しょうが:10g 酢:大さじ1/2

パンダンリーフは何としても手に入れていただきたい。この香りが決め手なんです!

ほのかに甘く、そして、どことなくタイの最高級米「ジャスミンライス」のようなイイ香りがします。

そして、今回使うスパイスは「スリランカカレーパウダー」(ローステッドカレーパウダー)です。

フツーのカレーパウダーで代用も可能ですが、パンダンリーフを手に入れるなら、こちらもなんとか手に入れて欲しいところ。もし、フツーのカレーパウダーを使う場合は、フライパンで一度ロースト(乾煎り)してから使ってください。

f:id:Meshi2_IB:20160922181518j:plain

市販の一般的なカレーパウダーをローストするとこうなります。(①⇒②⇒③)

写真④:上が「スリランカカレーパウダー」、左が一般的なカレーパウダーのロースト前、右がロースト後。

作り方

スムーズな調理のため、下ごしらえはしておきしましょう。

f:id:Meshi2_IB:20160922181522j:plain

にんにく、しょうがは包丁の腹でつぶし、ざっくりと切る。

みじん切りにする必要はありません。つぶしたにんにくとしょうがをまとめて、ザクザクザクと2、3回包丁を入れるだけです。

注意:包丁がすべるとキケンです。きっちり拭いてから手を乗せ、力を加えるときは真上から体重を乗せるように潰しましょう。

f:id:Meshi2_IB:20160922181523j:plain

シナモンスティックはできるだけ細かく砕いておく(①②)。

玉ねぎは縦に半分に切ったあと、繊維と垂直方向に半分に切り(③)、繊維と平行にスライス(④)。幅は3~4mmくらい。

準備ができたら、調理の開始です。

ちょっと深めのフライパンで、できるだけノンスティック加工(くっつかないヤツ)のものを用意してください。

今回は、ほぼ「具材を入れて煮込むだけ」なので、「くっつかない」「焦げ付きにくい」というのはけっこう重要です。

f:id:Meshi2_IB:20160922181524j:plain

フライパンに調理油(大さじ1.5)を熱し、にんにく、しょうが、シナモンを加える。

火加減は強火です。

f:id:Meshi2_IB:20160922181525j:plain

玉ねぎをフライパンに敷き詰めるよう並べる。

火加減は、まだ強火です!

f:id:Meshi2_IB:20160922181526j:plain f:id:Meshi2_IB:20160922181527j:plain

ホールトマトを潰して玉ねぎの上に広げて加える。

火加減は、まだまだ強火です!

f:id:Meshi2_IB:20160922181528j:plain

スリランカカレーパウダーと鰹だしの素、塩を加える。

おっと! ここで、火加減を弱めの中火に下げましょう。

f:id:Meshi2_IB:20160922181529j:plain

一度フタをして煮込む。

ここでの火加減は、弱めの中火です。

水分は玉ねぎとホールトマトだけなので焦げ付きに注意しましょう。といっても、ちょっとくらいコゲても大丈夫です。

Vol.1「鶏もも肉の桃カレー」のときの格言、覚えてますよね?

ちょっとくらいのコゲは気にしない!

この余裕、オトコの余裕、大事です。

f:id:Meshi2_IB:20160922181530j:plain f:id:Meshi2_IB:20160922181531j:plain

3分ほど煮込んだらフタを開け、全体をしっかり混ぜ合わせる。

f:id:Meshi2_IB:20160922181532j:plain

水、酢、パンダンリーフを加え、ざっくりと混ぜ合わせる。

パンダンリーフは切らずに長いまま、でもちょっと邪魔なので、結んで加えましょう。

f:id:Meshi2_IB:20160922181533j:plain

再度、ふつふつとして来たらフタをする。

f:id:Meshi2_IB:20160922181534j:plain

弱めの中火で4分ほど煮込む。

f:id:Meshi2_IB:20160922181535j:plain

フタを開け、一度全体を混ぜ合わせる。

f:id:Meshi2_IB:20160922181536j:plain

サバを加える。

汁は使いません。

でも、捨てるのはちょっともったいないと思ったアナタ! 活用レシピはいっぱいありますよ!

ここでは紹介しませんので、ご自身でモリタしてくだ……あ、ケンサクしてください(←「さむっ」とか、いらないですからw)。

f:id:Meshi2_IB:20160922181537j:plain

サバを崩さないよう、全体にしっかり混ぜ合わせる。

いや、崩れてもいいです。ホントーは。

でも、盛り付け時にきれいに見せるため、ここはちょっと丁寧な仕事をしてみても、いいんじゃない?

f:id:Meshi2_IB:20160922181538j:plain

ココナッツミルクを加える。

この時の火加減は、強火です。

ココナッツミルクが沸騰するまで強火です。

しっかし、この写真、よく撮れたな~(自画自賛w)。

わたくしのこの記事はすべて1人でセルフタイマーで撮っているので、こーゆー水もんを入れるときは、タイミングが難しいですよね。注ぎ入れるのが遅いとカップから出てるところが撮れないし、早すぎるとカップの中身が全部出たあとになるし。ココナッツミルクなんて、入れたらもう戻せないし。一発勝負なんです。

f:id:Meshi2_IB:20160922181539j:plain

全体にざっと混ぜ合わせたら、フタをしないで5分ほど煮込む。

煮込むときの火加減は弱火です。表面がちいさくふつふつする程度の弱火です。

さー、そしてこの時間は恒例の洗い物タイムです。

5分しかありませんが、今回は洗い物が少ないはず。

まな板、包丁、ホールトマトやサバを入れたボウル、スパイスを分けた小鉢等々、ちょちょいのちょいですね。

f:id:Meshi2_IB:20160922181540j:plain

ハイ、完成!

味見をして、塩気が足りなければお好みで調整してください。

あとは盛り付けるだけ。

盛り付け

お好みで針しょうが(千切りしょうが)をトッピングすれば、いいアクセントに!

f:id:Meshi2_IB:20160922181541j:plain

スリランカ風サバカレー」完成でーす!

ココナッツミルクの甘い風味とパンダンリーフの独特の香り、ほのかな酢の酸味にトマトと鰹だしのうまみも加わり、まさかサバ缶を使っているとは思えない、本格的な味わいです。

どーです? 今回はそーとー簡単でしたよね?

にんにく、しょうがはみじん切りにしなくていいし、玉ねぎをあめ色になるまで炒めなくてもいいし。ほぼ、具材を入れて煮込むだけ。

これが出来なきゃ……もうカレーを作るのはやめて下さい!w

f:id:Meshi2_IB:20160922181542j:plain

実食!

食べるときは、サバの身を崩し、ぜーんぶ混ぜて食べましょう!

合言葉は、「まじぇてまじぇて~!」(東銀座の某有名カレー店のようにねw)。

おさらい

【スリランカ風サバカレー 材料(2人分)】 サバ水煮缶:2缶(内容量100g程度なら2缶、200g以上なら1缶でOK) 玉ねぎ(小):1個 ホールトマト:1/2缶(200g) パンダンリーフ(ランペ):1枚 にんにく:5g(1片) しょうが:10g ココナッツミルク:250ml スリランカカレーパウダー:大さじ1 シナモンスティック(セイロンシナモン):1/2本 鰹だしの素:小さじ1 塩:小さじ1/2 水:150cc 酢:大さじ1/2 調理油:大さじ1.5

———————————————-

①フライパンに調理油を熱し、にんにく、しょうが、シナモンを加える。

②玉ねぎをフライパンに敷き詰めるよう並べる。

③ホールトマトを潰して玉ねぎの上に広げて加える。

④スリランカカレーパウダーと鰹だしの素、塩を加える。

⑤一度フタをして、3分ほど中火で煮込む。

⑥フタを開け、水、酢、パンダンリーフを加え、ざっくりと混ぜ合わせる。

⑦ふつふつとして来たらフタをして弱めの中火で4分ほど煮込む。

⑧フタを開け、一度全体を混ぜ合わせてからサバを加える。

⑨ココナッツミルクを加えよく混ぜたら、フタをせず弱火で5分ほど煮込む。

———————————————-

最後にワンポイント!

ココナッツミルクを加えた後は長時間煮込まない!

———————————————-

いかがでしたか? 「スリランカ風サバカレー」。

もー、これ作れたら、マジ、やばいですよ!

なにがヤバイかわかりませんがw、作ってみてください! 是非に!!

書いた人:伊東盛(いとうさかり)

伊東盛(いとうさかり)

料理ユニット「東京カリ~番長」のリーダー。得意技は全国各地へカレーを作りに行く「出張カリ~」。雑誌・書籍・WEB等でのレシピ紹介やカレー関連商品の監修、飲食店のメニュー開発などを手掛ける。週に一度“間借り”でカレー屋を営業中。 「東京カリ~番長」オフィシャルFB 間借りカレー「TOKYO SPICE CURRY」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【おもしろレシピ】「たこ焼き風コロコロ豆腐」という新種のつまみを開発しました【パリッコ】
【モツ煮込み】とろうま「モツ煮込み」は、自宅の炊飯器でカンタンに作れてしまう!【居酒屋さんの味】
【決定版】スーパーで買ったステーキ肉を自宅で完全なうまさで焼く方法【レシピ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。