体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築90年の古民家カフェ「蓮月」で、昼はがっつり豚を食う! 夜はしっぽり酒を飲む!

f:id:Meshi2_Writer:20160814204834j:plain

大田区池上に、昭和2年から営業しているそば店をリノベーションしたカフェ「蓮月」があります。いわゆる「古民家カフェ」です。古民家カフェというと、静かなしっとりした雰囲気が特徴のお店が多いですよね。

ここ蓮月はカフェとは思えないガッツリとしたどんぶりメシをいただいたり、酒に合う多彩なおつまみに舌鼓を打てるお店なのです。

寺の街、池上の老舗そば店をリノベ

f:id:Meshi2_Writer:20160814203901j:plain

大田区池上は、池上本門寺を中心に多くの寺社仏閣が集中している寺の街。

写真中央の突き当たりの門は池上本門寺。力道山のお墓や、日蓮上人入滅の地として有名です。

f:id:Meshi2_Writer:20160814203948j:plain

その池上本門寺から1〜2分歩くと、木造に瓦屋根の一際目立つ建物が見えてきます。こちらが昭和2年に竣工されたそば店「蓮月庵」をリノベーションしたカフェ「蓮月」。

第1回大田区景観まちづくり賞を受賞しています。

f:id:Meshi2_Writer:20160814204010j:plain

店内は屋根のついた帳場が現役で活用されており、写真左手から中央の一段上がったステージはもともと座敷席でした。

テーブルや椅子、写真右奥のちょっとした座敷など、そば店時代に活躍していた多くの設備をそのまま活用しています。

f:id:Meshi2_Writer:20160814204157j:plain

入口付近の壁にはそば店時代のメニューが掲げてあります。価格は全て「銭」表記。時代を感じますね。

f:id:Meshi2_Writer:20160814204224j:plain

ステージから奥はもともと店主の居住スペースでした。

カフェになってからは壁を取っ払い、庭を見渡せるソファ席を設置しています。

f:id:Meshi2_Writer:20160814204249j:plain

元居住部分にもそば店の名残が見て取れます。写真中央にある黒い箱はそば店時代に使われていた金庫です。この金庫と毎日向き合い、店主が一喜一憂していた日々があったと思うと感慨深い……。

カフェの照りっ照り豚丼……!?

f:id:Meshi2_Writer:20160814204332j:plain

こちらが飲食メニューです。数種類のトーストやコーヒーと、のんびりカフェタイムを楽しめるメニューが揃っています。

そのなかでも目を引くのが「ごはん」。カフェメニューとは裏腹に、ガッツリと腹に溜まりそうな「厚切り照り豚丼」が気になりますね。

f:id:Meshi2_Writer:20160814204353j:plain

注文してみました。なんともうまそうな照り返しだ……!

小松菜と白髪ねぎが添えられ、ご飯と豚肉の間には大田区の大森エリアの名産、海苔が敷かれています。

ちなみに豚肉、海苔、小松菜ともに近所で買ってきたもの。地産地消ならぬ地買地消。これも地域と関わる一つのかたちだと店長さんは語っていました。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。