ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android StudioにおけるEclipse向けAndroid Developer Toolsのサポートと開発を終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 11 月 2 日、Android Studio 2.2 のリリースに合わせて Android Developer Tools(ADT)の Eclipse プラグインのサポートと開発を終了したと発表しました。ADT は Eclipse での Android アプリの開発を可能にする Google 提供の開発ツールで、2014 年に Android Studio がリリースされるまで PC における Android アプリの開発には Eclipse が広く利用されてきました。ADT の Eclipse プラグインは 2015 年末の時点でサポートが終了しています。サポートの終了が発表された 2015 年 6 月の時点で Android Studio への移行はかなり進んでいましたが、Google は今回の発表で改めて Android Studio への移行を呼びかけています。サポート終了後も ADT は機能しますが、開発は終了しているので、Eclipse では今後リリースされる Android の新機能を取り込むことができなくなります。既存の Eclipse プロジェクトは Android Studio にインポートすることも可能なので、アプリを今後もメンテナンスしていくには Android Studio への移行が必要になってきます。Source : Google

■関連記事
Exynos 7870を搭載した「Galaxy A3(2017)」がGeekBenchに登場
Google Playストアのアプリページデザインが刷新
ZTE、ガラケーのような折りたたみ式スマートフォン「ZTE CYMBAL-T」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP