ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、ガラケーのような折りたたみ式スマートフォン「ZTE CYMBAL-T」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE が国内でも少しずつ増えてきたガラケースタイルの Android フォン「ZTE CYMBAL-T」を発表しました。ZTE CYMBAL-T は、国内で目にするガラケーで定番の折りたたみ式のフォームファクターを採用していますが、Google Play に対応するほか、タッチパネルを搭載しており、スマートフォンライクに操作することができます。スペックはエントリーレベルで、3.5 インチディスプレイ、Snapdragon 210 1.1GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラを搭載しています。OS は Android 5.0 Lollipop です。どちらかというと Android スマートフォンという機種で、スペックなどを考慮すると、かなり安い価格で販売されると見られます。対応周波数は北米仕様なので、米国で発売されると見られます。Source : ZTE

■関連記事
Android版「TrackID」にDiscoverタブが追加
セブン銀行、ATMでのLINE Payの入出金サービスを2017年春に開始
Android 7.1の丸型アイコンの採用はOEMの判断によって決まる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP