ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お城の形をしたホテルの元祖は「目黒エンペラー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和48年に創業したラブホテルの老舗『目黒エンペラー』(東京・目黒区)は、“お城”という奇抜な外観で、多くのテレビや雑誌に登場した。その後、日本各地にゴージャスなラブホテルが次々と建ち、連日盛況を極めた。

 かすかな憧れと恥じらいを孕んだ性愛空間、あの懐かしい場所は、2020年東京五輪までにどう変わっていくのか――。昭和ラブホテルの変遷と“今”を取材した。

◆東京・目黒に現れた“城”が歴史を変えた

「目黒エンペラーは、日本のラブホテルを語る上で外せない歴史的な存在です。当時は深夜番組をはじめマスコミで大々的に取り上げられ、そこに泊まるのが若者たちのステイタスでした」

 こう語るのは、『ラブホテル進化論』(文春新書)などの著書がある、神戸学院大学講師・金益見(きむ・いっきょん)さんだ。

「目黒エンペラーが登場した昭和48年当時は、電信柱に貼り紙するくらいしか宣伝方法がなかったんです。それが、建物をお城の形にしたらひと目で分かるわけです。建物そのものがラブホテルを表す暗黙のメッセージとして、広告になった。これ以降、全国に城が建つ現象が起きました」

 総工費6億5000万円という豪華な建物と話題性で、当時マスコミがこぞって取り上げた。バブル時代へと続くラブホテル隆盛時代の幕開けだった。ラブホテルという呼び名が定着したのも目黒エンペラーが深夜番組で取り上げられるようになってからといわれる。

◆古くは連れ込み旅館 名前を変えて進化

 戦後間もない頃は、男性が女性を連れ込む“連れ込み旅館”、宿に付けられた温泉マークから“逆さクラゲ”などの隠語で呼ばれていた。

【ラブホテル呼称の変遷】
1940年代 「連れ込み旅館」
1950年代 「温泉マーク」「逆さクラゲ」
1960年代 「スリーエス」
1970年代 「モーテル」「ラブホテル」
1980年代 「ファッションホテル」「レジャーホテル」など
2000年代 「ラブホ」

「昭和のホテルには、これは何のために? という面白い装置がたくさんありました。意匠を凝らしたベッドやお風呂、かつて目黒エンペラーにはシースルーのゴンドラがあった(笑い)。昭和の時代にお金をかけて作った一見無駄とも思えるものこそ、人々を豊かな気持ちにさせてくれていたんだと思います」(金さん)

 まだラブホテルという呼び名が生まれる前から続く、昭和ロマンを感じられる建物も現存する。大阪の『ホテル富貴』は、築50年を超えてなお、根強いファンがいる。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
昭和のラブホテル名物 「回転ベッド」が消えた理由とは?
風営法改正間近 最近ラブホテルが頑張って改装中の理由とは
併設の割烹料理店の料理が味わえるラブホ評論家推薦の一軒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。