ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Samsung、ARM Cortex-A15を使用した2GHz駆動の「Exynos 5250」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Smasungがモバイル向けの新SoC「Exynos 5250」を開発したと発表しました。Exynos 5250はARMの次世代CPUコアCortex-A15を2つ搭載したデュアルコアのSoCで、CPUクロック周波数は最大2.0GHz。32nmのHKMG(High-K Metal Gate)プロセスで製造されます。CPUの処理性能は従来の1.5GHz駆動のデュアルコアCortex A9と比較して約2倍の14,000DMIPS。3Dグラフィック性能は従来のCortex A9ベースのSoCと比較して4倍。メモリ大域幅は12GB/s。ステレオ3D、解像度WQXGA(2,560×1,600ピクセル)までのディスプレイをサポートします。Samsungによると、Exynos 5250はハイスペックなタブレット製品が主なターゲットで、2012年Q2に量産が開始されるそうです。Sasmungはデュアルコア2GHz駆動のExynosプロセッサーを搭載したスマートフォンを2012年中に発売すると噂されていますが、そのスマートフォンに搭載されるのが今回のExynos 5250かもしれません。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
来年4月開局予定のスマートフォン向け放送局「NOTTV」に対応する端末は、NTTドコモからスマートフォン1機種、タブレット1機種が開局当初に発売
英Cloveが発売したXperia activeにはLive Viewが付属
Sony Ericsson ”NOZOMI”(LT26i)の公式画像?が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。