ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

精神疾患とは? 代表的な4つの病気とその症状について解説

  • ガジェット通信を≫


精神疾患はその症状や障害は多岐にわたっています。今回はその中から、特に有名な4つの疾患を紹介します。

精神疾患とはいったいなんなのでしょうか。

要チェック項目

□精神疾患の原因はハッキリとは分かっていない

□摂食障害は女性に多い傾向がある

□ストレスは万病の元

精神疾患ってなんですか?

心の風邪

私たちの心は誰しも完璧にできている訳ではなく、いつ精神疾患に陥ってしまわないとも限りません。

精神疾患は心の発達不全という風に言われますが、誰でも心の一部に未発達な部分を抱えていることはあるでしょう。

さまざまな要因によって、その未発達な部分にショックを受けた時、精神疾患を発症してしまうのです。言ってみれば、精神疾患とは心の風邪のようなものなのです。

原因

精神疾患には実にさまざまな種類があり、子供から老人までさまざまな年代にみられる病気です。そのため、「これが原因! 」という決定的なものはありません。

成長過程における両親と の関係が根底にあったり、人間関係のストレスやコミュニケーション障害、疲労や睡眠不足、コンプレックスなどからくる「マイナス思考」が、不安を招いたり増幅させたりすると考えられています。

1.うつ病

精神疾患と聞いてまず最初に浮かぶのがうつ病ではないでしょうか。うつ病は気分障害に含まれる精神疾患で、近年急速に増加していることはみなさんもご存じのことと思います。

また、最近では「新型うつ」などといったものもあらわれており、会社に行くと憂鬱で仕事にならないのに、帰宅すると元気になるというタイプのうつ病もあります。

原因

うつ病の原因に関してはハッキリしたことがわかっていませんが、うつ病が増えてきている要因としては、うつというものが一般に認知され、心療内科を受診することに抵抗がなくなったことや、

新型うつの登場で、うつ病の種類が増えたこと、経済的な困難や社会的な不遇でうつを発症する人が増えていること、また医療界におけるうつの解釈基準が広がっていることなどが挙げられます。

うつのメカニズム

なぜうつ病になるのかは分かっていませんが、うつ病になった時の脳の変化については分かってきています。うつ病になると、脳内の神経伝達物質の一つであるセロトニンとノルアドレナリンの分泌量が低下します。

セロトニンやノルアドレナリンは、人の感情や記憶に関する神経伝達物質なので、その分泌量の低下によって心の病的な症状が現れると考えられています。

治療法

基本的にはうつ病の治療は投薬によって行われます。ただ、うつ病の場合はその日によって訴えが違ったりするため、それに応じて薬を処方しているととんでもない量になることが問題視されています。

自費診療でカウンセリングを受ける方法もあるのですが、料金がネックになるため、どうしても薬物療法に頼ることになりがちです。

2.睡眠障害


睡眠障害も現代人にとっては深刻な悩みと言えるでしょう。医師によっては寝つきが良すぎるのもある意味では睡眠障害というそうです。

一般的には寝つきが悪い、夜中に目が覚める、早くに目が覚めてしまうことを言います。

原因

睡眠障害の原因もハッキリとは分かっていませんが、不規則な生活やアルコールの大量摂取、不安や悩み、寝る直前までスマホやパソコンを見ている、朝晩の逆転など、さまざまなことが指 摘されています。

治療法

睡眠障害の治療には、一般的には睡眠導入剤や精神安定剤が用いられることが多いようです。

依存性のないとされる薬も多数ありますが、「飲まなければ寝られないかも」と不安になることが多いのでそう言った意味では依存性があると言えるでしょう。

3.依存症


依存症には、物質依存、過程への依存、関係への依存の3つがあり、それぞれたばこやアルコールへの依存、ギャンブルへの依存、共依存などがあります。

原因

心因的な原因がほとんどであると言われます。

治療法

原因が心因的なことから、心理療法が行われることが多いそうです。

4.摂食障害

摂食障害は特に女性に多く見られる疾患で、過食症と拒食症の2つに大別されます。「無性に食べたい」

ということは誰しもあると思いますが、吐いてまで食べる病的なものが過食症です。

拒食症は逆に、痩せたいと思う気持ちが強過ぎるために食べられなくなり、低血圧や低血糖、栄養失調、生理不順などが現れます。

原因

摂食障害の最大の原因はストレスであるということです。

治療法

摂食障害の原因はストレスであることから、カウンセリングで原因を探ることが大事です。また、拒食症の場合は栄養療法も合わせて行われることとなります。

ストレスは万病のもとです!

精神疾患の原因はハッキリとは分かっていませんが、いずれもストレスが関与していることにほぼ間違いありません。

ストレス社会と言われて久しい現代だからこそ、しっかりと心と体の休息をとり、リラックスとリフレッシュが必要と言えます。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

大豆が妊娠うつに効果アリ!? 妊婦さんの心に優しい5つの食事方法
精神病ってなに?心の病とは違うの?その真実について迫ります
ストレスで食べすぎちゃった…もしかしてこれって摂食障害?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP