ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケGOユーザーこそ!? スマホを冷ますモバイルバッテリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


動画や地図など、アプリによってはCPUや内蔵バッテリーへの負荷が高まり、スマホは熱を帯びがち。とりわけGPSを利用したナビアプリやゲームアプリを利用していると、本体が「あっちっち」となるばかりか、最悪の場合、熱暴走でシャットダウンするケースまであります。

【もっと大きな画像や図表を見る】

こうした事態に対応するのが、サンコーが手がける『スマホ冷却ファン付きモバイルバッテリー』。その名前の通り、モバイルバッテリーながら熱くなったスマホを冷ますファン付きの逸品です。

その実力は、例えば室温28度でストリーミング動画を視聴している際、35度以上にも高まったスマホの熱を30分の作動で、約マイナス6度の29.5度にまで冷却するほど(メーカーによる検証結果)。ファン作動のみであれば内蔵電源で3時間の駆動が可能なので、長時間のアプリ使用にも耐えることでしょう。プレイヤー本人がヒートアップした際でも扇風機として応用できるのも嬉しいポイント。

なおモバイルバッテリー容量は、2650mAhと決して多くはありませんが、出力は2.1AなのでスマホはもちろんiPadのようなタブレットまで充電可能です。

セッティングは、スマホ本体に取付マグネットを貼り付けるだけ。磁石の力でぴたっとスマホにくっつきます。このマグネットは2個付属しているので、スマホ複数使いの方にもぴったり。

スマホの熱が気になるという方はもちろん、『ポケモンGO』のヘビーユーザーは導入を検討してみてはいかがでしょうか。

(熊山 准)

『スマホ冷却ファン付きモバイルバッテリー』(サンコー/価格:1980円)

(R25編集部)

ポケGOユーザーこそ!? スマホを冷ますモバイルバッテリーはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

鍵型のiPhone専用アダプター
1台3役の便利なカードリーダー
スマホのお腹を満たす「たいやき」
ポップカラーのモバイルバッテリー
賢くて力強いモバイルバッテリー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP