ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中堅社会人男性、自身の勉強不足を嘆く?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


早いもので今年も残り2カ月を切ったところ。この1年を振り返れば、「やっておくべきことが出来ていなかった」と、後悔の念にかられる人も多いのではないでしょうか。といっても、たかが年単位の話ですからね。そのほとんどは、手を付けさえすれば今からでもやり直しが利くものです。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし、それが10年単位となったらまた話は別。30代の会社員男性200人に「20代でやるべきだったと、30代になって後悔していること」を聞いてみました。

〈「20代でやっておくべきだった」と30代が後悔していることTOP10〉

(全14項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)
1位 資格取得 234pt
2位 語学の勉強 226pt
3位 ITスキルを磨く 110pt
4位 定期的に運動する 108pt
5位 キャリアプランを明確に持つ 95pt
6位 副業 69pt
7位 転職する 68pt
8位 趣味を極める 65pt
9位 定期的に読書する 59pt
10位 社外の人脈を築く 44pt

※番外編
11位 海外留学(MBAなど大学院) 43pt

上位3位までを見るに、30代男性の主な後悔は「20代で“勉強”しなかったこと」にある模様。大事なこととは思いつつ、仕事をしながら勉強も続けるというのはなかなかに難しいことですからね。

では、それぞれの理由を見ていきましょう。

【1位 資格取得】
「資格がないので転職に困った」(31歳)
「社会人になってからではなかなかまとまった時間が取れずに勉強できない。学習する習慣もあったので、その習慣を活かせれば良かったと思います」(31歳)
「年をとるにつれ、頭に入らなくなってきた」(36歳)
「振りかえるとそう思う」(38歳)
「時間の有効活用を心がければ、良かった」(38歳)

【2位 語学の勉強】
「英語会話が出来ず外資系の客先で スムーズに仕事を進められなかった」(36歳)
「今になって英語が必要になってきた」(36歳)
「これほど英語が必要になるとは思わなかった」(35歳)
「歳をとるとなかなか覚えられない。時間もない」(38歳)

【3位 ITスキルを磨く】
「Excelがもっとできれば時間短縮になったと思う」(34歳)
「スキルを持っている人と持っていない人で仕事のスピードが違うから」(31歳)
「若いうちの方が頭が柔らかいから」(39歳)

【4位 定期的に運動する】
「徹夜したくても体力が続かない」(34歳)
「年齢を重ねるごとに基礎代謝が落ちていくから」(39歳)

【5位 キャリアプランを明確に持つ】
「なんとなく就職し、なんとなく働いてきたため、この先の行き詰まり感がでてきて悩んでいるから」(37歳)
「気付いた時にはすでに遅い」(37歳)

【6位 副業】
「若いころからやっていれば今稼げていた可能性が高い為」(34歳)
「残業カットで給料が減ったので」(39歳)

【7位 転職する】
「30代になってからの転職は厳しいと思うし、20代のうちに違う仕事に転職しておくべきだった」(35歳)

【8位 趣味を極める】
「興味持ったら手を出せばよかった」(37歳)

【9位 定期的に読書する】
「読解力とかに差が出てくる」(30歳)

【10位 社外の人脈を築く】
「人脈が多い方がなにかといい」(33歳)

もう30代以上に“なってしまった”方々であれば、「あるある」と苦笑まじりで受け止めるしかないコメントですが…。しかし、そこから見えるのは「30代になってからでは出来なくなることがある」という現実。

もし、あなたがこれから30代になっていく20代の読者であるならば。これを諸先輩からの警告と受け止め、いつか同様のアンケートに答える側に回った際は「後悔していることはない」と答えられる30代になっていただければと。
(のび@びた)

(R25編集部)

中堅社会人男性、自身の勉強不足を嘆く?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

独身時代に「費やすべきだった自己投資」TOP10
英語できたら何したい?TOP10
大学生の息子へ!父の忠告1位は?
中堅ビジネスマン推薦! 社会勉強になる漫画TOP10
夫&妻200人に聞く! 「結婚後の幸福度」調査

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP