ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「永野」を超える地下芸人「チャンス大城」とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

お笑い界には「永野」がそうであったように、地上波には到底出すことが出来ないヤバさを持った「地下芸人」と呼ばれる芸人たちが存在する。今回、サンミュージック所属のお笑い芸人「Gたかし」さんが教えてくれたのは、先輩であり、「存在自体がオカルト」とまで言われている知る人ぞ知るカルト芸人「チャンス大城」さんの、テレビではもちろん放映出来ないような壮絶エピソードだった。

そもそもどんな人?

開口一番に「チャンス大城さんって、霊感が強い人が見れば誰でも分かるくらいのヤバい霊が取り憑いているらしいんですよ」と教えてくれたGたかしさん。本人曰く、江戸時代の河原乞食の霊がついているらしく、それがチャンスさんの芸人という職業のルーツになっているのだそう。

最近、占い師さんに占ってもらった所、「あなたは57歳でプチブレイクする」と予言された。ちなみに、チャンスさんは現在40歳ぐらい。我々はあと17年後に、お茶の間でチャンスさんが活躍する姿を見ることが出来るのだ。しかも、「プチ」ブレイク。「深夜にプチブレイクする」そうだ。

西成に埋められる

大阪県は西成近辺の出身であるというチャンスさん。地元の友達と2人でつるんで、ちょこちょこと軽めの悪さ(本人談)をしていた所、地元の怖い先輩に目を付けられてしまって、山に埋められたそうだ。しかも、孤独感を味合わせようとしたのか、ふたりして別々の山に埋められた。ふたりは、生存確認と寂しさを紛らわせるのを兼ねて、夜中にやまびこで会話したらしい。

その山は心霊スポットだったらしくて、夜中に若者が面白がって来ることがあった。チャンスさんたちが埋められていた時も、とある若いカップルがチャンスさんが埋められている所のすぐ近くまで車で来ていて、「あ、やった!出して貰える!」と喜んだチャンスさんが「おーい!」と助けを呼んだ所、「生首がいる!!」と驚かれ、そのまま引き返されてしまったのだとか………

結局次の日の昼に、たまたま通りかかったトラックの運転手のおじさんに掘り起こして貰ったそうで、もしも見付からなかったら、ふたりはそのまま死んでいたかも知れない。隣の山に案内し、そこに埋められていた友達も掘り起こして貰い、そのまま街まで運んでもらったチャンスさんたち。

太っ腹なトラックの運転手のおじさんは「埋められてたし、お腹空いてるだろ。お前ら」と言って、アツアツの鉄板焼きのハンバーグ屋さんへとふたりを連れて行ってくれたのだが、しばらく経ってから急に、友達が「痛い痛い痛い痛い!」と叫び出て、何が起きたのかと驚いていると、首の襟の隙間からサソリが出てきて、鉄板の上にボトッと落ち、ジュワーと焼けて行ったのだとか………

5年ぶりの大型ルーキー

そんなチャンス大城さんは、一時期、ただ笑いのネタの為だけに、某宗教団体に入信したことがあるそうだ。(名前に関しては、絶対に公の場に書けないタイプの団体です。お察し下さい)

初めて集会に行き、入信した理由を聞かれた時、「ちょっとネタになるかなと思って」とは口が裂けても言えなかったチャンスさん。咄嗟にでまかせで、「昨晩の夜中、枕元に尊師が立っていて、お前はどこどこの宗教だぜ、入れ、って言われました」と答えた所「5年ぶりの大型ルーキー現る!」と、団体内で一騒ぎになったそうだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP