ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコーを撮るたび、双子の一人が消えていく…。出会ってすぐのお別れを乗り越えて

DATE:
  • ガジェット通信を≫

授かりにくいのか、コウノトリの郷のお守りを頂くくらいの私たち夫婦。

妊娠が分かり、とても喜んだ。1度目の検診は、異常もなく何事もなく終えることができた。

妊娠8週目、2回めの検診で二卵の双子であることと、そのうちの一人の心拍がないことが告げられた。つまり、一人は流産。

出会いが別れだなんて、私にはつらすぎた。

お医者さんには、よくあること、先天的に弱い子だったのであってお母さんのせいじゃない、心拍がない子は母体に吸収されていくから心配しなくていいと言われた。

頭がパニックになっていて、その優しい励ましの言葉も、うまく自分に入っていかなかった。

ショックで家に帰ってからも、数日間はぼーっとすると涙が出てしまうような状態に。 関連記事:本当は生きている!突然の体温低下と出血まで、流産を受け入れられなかった私

3回目の検診では、一人の子は元気だけど、その子のエコーは心拍もなく輪郭も消えかけていた。お医者さんもよかれと思って、エコー写真を撮ってくれる。

4回目の検診で、元気な方は順調に大きくなり、もう一人は姿がなくなりぼんやりと胎嚢がみえるだけになった。

そのとき、やっと私の中で踏ん切りがついた。

失われたものだけに目をやりすぎて、元気な子の成長を素直に喜べていなかった。

あれだけ望んでいた我が子なのに。

私はあのときの涙のおかげで、強くなったと思う。 関連記事:生後7ヶ月で天使になった長女への思いを胸に…めいっぱい次女を抱きしめる

著者:まぐめ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

安定期に入るまでの不安
私の赤ちゃん
初めての産婦人科

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP