ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JR九州がミニトマト、みかん、サツマイモを育てて売る理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 専門分野のみで活躍すると思われていた企業が意外な業界に進出して成功し、話題を集めることが増えた。鉄道会社も、線路の上で列車を走らせるだけの会社ではなくなりつつある。なかでも、株式上場で話題のJR九州がすすめる新事業は豪華寝台列車や農業など、他の鉄道会社にも影響を及ぼしている。なぜ、JR九州は農業に取り組むのか、フリーライターの小川裕夫さんがリポートする。

 * * *
 10月25日、国鉄分割民営化から約30年の歳月を経て、JR九州が株式上場を果たした。

 JR九州よりも早く株式上場を果たしているJR東日本・東海・西日本は沿線人口も多く、鉄道事業本体や関連の不動産事業などが好調だ。3社と比べて、JR九州は沿線の人口が少なく、鉄道本体の収支はいまだに厳しい。

 そうした苦境を跳ね返すべく、JR九州は鉄道ファンのみならず、世間をあっと言わせる事業展開を繰り出している。

 2013(平成25)年に運行を開始した寝台列車「ななつ星in九州」は、その豪華な設備などが話題になり、現在も予約が殺到するほどの人気を呼んでいる。今般、寝台列車の衰退が顕著になっている中で、「ななつ星in九州」は”クルーズトレイン”という新しい鉄道の楽しみ方を提示した。

「ななつ星in九州」が注目を集めたことで、JR東日本とJR西日本もクルーズトレインを新造。JR九州を追随した。2017年にはJR東日本が「TRAIN SUITE 四季島」を、JR西日本が「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行を開始する予定にしている。

 JR九州が切り開いた新しい鉄道像は、クルーズトレインだけにとどまらない。昨今、鉄道会社は沿線開発の一環でさまざまな事業に取り組んでいるが、JR九州は2010(平成22)年から大分県大分市でニラ栽培を開始。農業に参入した。

 駅ビル開発や遊園地などは沿線の活性化に寄与する。しかし、農業はそうした沿線開発とは無縁のようにも見える。どうしてJR九州は農業へと参入したのだろうか? JR九州ファームの田中渉社長は農業参入への意図を説明する。

「九州には”1割経済”という言葉があります。商業も工業も、九州の経済規模は全国の1割というのが相場です。しかし、農業は2割を占めます。いわば、農業は九州にとって基幹産業なのです。その基幹産業が衰退することは、九州全体の沈下を意味します。それは九州を地盤とするJR九州にも大きな影響を及ぼします。JRが農業を活性化することで、少しでも九州を活気づけようと考えたのです」

 地域を活性化させるには、雇用を生み出すことが特効薬といわれる。今般、東京に人口が集中するのは、大学進学を機に全国から若者が集まってくること原因になっているが、その背景には大学を卒業した若者たちの就職事情が深く左右している。

 九州の農業が活性化していけば、当然ながら雇用が生まれる。雇用が生まれれば九州からの人口流出は止まる。それは、巡り巡ってJR九州の利用者増にもつながる。いわば、JR九州にとって農業は中長期的な沿線開発ともいえるだろう。

 しかし、そうした指摘を「雇用を生んだり沿線開発を考えるなら、大規模な駅ビルを建てて商業施設やホテルをつくった方が手っ取り早い」と田中社長は否定する。

 農業への参入には中長期的な沿線開発の意味も含まれているだろうが、そうした理由だけで農業に参入したわけではないようだ。

 ニラ栽培を始めた1年半後、JR九州は熊本県玉名市でもミニトマトの栽培を開始。同年には福岡県飯塚市でも養鶏場を開設した。

 その後も、2012(平成24)年に大分県杵築市でサツマイモを、2013(平成25)年には熊本県宇土市で柑橘類系(温州みかん・ネーブル・デコポン)の栽培も始めた。

 JR九州は地元のJAや自治体と協力関係を築きながら、地元特産の野菜や果物の栽培に力を入れてきた。新しい野菜や果物に挑戦するわけではない。あくまで地元で盛んに栽培されている野菜をつくる。そこには、地域の農業を守っていくという思いがある。

 玉名事業所の田中克也所長によると「JR九州は大企業です。だから、ノウハウがないとは言ってもJRが農業に参入してきたら、地元の農家にとって脅威に感じてしまうでしょう。JR九州は玉名農場では地元で盛んに栽培されているトマトではなく、ミニトマトを栽培するといったことで地元農家と潰し合いにならないようにしています」と言い、共存共栄を目指す。

 しかし、多品目の野菜や果物を栽培するよりも同じ作物を栽培していく方がノウハウを活かしやすい。ノウハウのない鉄道会社が農業に参入することだけでも大胆なチャレンジなのに、わざわざリスクの大きい多品目栽培に取り組むのはなぜだろうか? 

「JR九州の代表取締役会長である唐池恒二が『JR九州でつくった野菜だけで好物のカレーを食べたい』と言ったことが、多くの野菜を栽培するきっかけになっています。唐池の言葉はあくまでも比喩ですが、その言葉が表すように多くの野菜や果物を栽培することで九州全体を盛り上げたいと考えています」(同)

 JR九州の農場で収穫された野菜や果物の大半は、これまで地元のJAを通じて出荷されていた。しかし、自主販路の開拓も着実に進んでいる。

 JR九州は昨年5月に福岡県福岡市の千早駅前に「八百屋の九ちゃん」の1号店をオープンし、”生産”から”販売”へも裾野を広げる。同店はJR九州ファームで収穫された野菜や果物を中心に並べているが、そのほか九州産の野菜・果物も販売している。取り扱うのは、あくまでも九州産。そのこだわりにも、JR九州が農業を盛り上げようという信念が伝わる。

「八百屋の九ちゃん」は吉塚駅と博多駅にも出店し、合計3店舗まで拡大。

 JR九州ファームの農産物は評判を呼び、東京の赤坂や羽田空港ではJR九州ファームのタマゴが販売されるようになっている。九州の枠を飛び越えた。さらに、オンラインショップ「八百屋の九ちゃんネット」もオープンし、全国からお取り寄せが可能になった。

 また、栽培された野菜や果物をジュースやアイスに加工して販売するなど、農業の6次産業化にも着手している。

「これまで九ちゃんに来店するお客は女性ばかりでしたが、JR九州の株式上場がニュースで取り上げられたことで、男性客も増ええました。上場の効果も出ています。今後は農場を増やし、たくさんの野菜や果物をつくりたいと考えています」(田中社長)

 JR九州が始めた農業は奇策のようにも思えたが、JR東日本やJR東海も農場を開設するし、クルーズトレイン同様にJR九州に追随し始めている。

 JR九州が切り開いた”農業”という新しい可能性は、今後も目が離せない。

【関連記事】
観光列車「肥薩おれんじ食堂」で黒豚など地元の名産品を堪能
新幹線だけじゃない 注目の九州観光列車&特急列車
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP