体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーときどき村田倫子 #5 マンダラ

「春夏秋冬、朝昼晩カレーが食べたい!」そんなカレー好きによる、カレー好きのための連載。持ち物は、お財布とカメラと、ほとばしるカレー愛。自他共に認める、無類のカレー好き村田倫子ちゃんが、都内のカレー屋さんを訪ねます。

「カレーときどき村田倫子」も今回で第5回目に突入。
満を持して、カレーの聖地のひとつ、神保町へ降り立ちました!
神保町駅から徒歩1分。目指す先は、神田カレーグランプリでも優勝を果たしたことのある名店、『マンダラ』。
今回食すのは、こちらも連載初となるインドカレーです!

地下一階の入口を入ると、想像以上の奥行き!
席数は55席前後ほどで、団体のお客さんや女子会も結構多いのだとか。 ゆったりとしたカレータイムが堪能できる店内は、インドのサリーをモチーフにした装飾が施されていて、気分もすっかりインドスイッチがONに。

店内中央のキッチンエリアでは、一部ガラス張りになっていて、ナンを伸ばし、焼く過程が覗けるというのも、醍醐味の一つです!

カレーの種類はもちろんのこと、シークカバブやタンドリーチキンなど、バリエーション豊富なアラカルトやドリンクにも注目!
みんなで頼んで、みんなで食べる。
人と食べることの楽しさを堪能できるラインナップが魅力的です。
インド入門として、手始めにアラカルトを1品。
ホールマネージャー中川さんのオススメ、ディナーメニューから「サモサ」をオーダーしました!


サモサ3pc500(税抜)

揚げ餃子のような見た目のサモサですが、割ってみると、中にはじゃがいもを潰してスパイスで味付けしたあんが入っています。
一口目はサクッと、食べ進めると、ほっくり美味しい!
異国の料理はちょっぴり勇気がいるという人や、子どもでも食べやすい、クセのないお料理です。

「もっと現地感を味わいたい!」という人は、備え付けのソースにトライ!
コリアンダーやミント、青唐辛子などの香草の香りが豊かな「グリーンチャトニー」というソース。これにつけて頂くのが主流なのです。
見たことのない色、嗅いだことのない匂い、感じたことのない食感、そしてハーモニー。多めにつけると、皮の食感だけでなく、中身の食材とのマッチ感も楽しめてオススメ!


Aランチセット1620(税込)

さあて、いよいよ、メインに突入!
カレー2品、タンドールチキン、シークカバブ、ナンとサフランライス、ヨーグルトデザートが付いて、1620円!
なんとも贅沢&お得なセットは、マンダラでも人気なメニューなんだとか。
インドカレーは素材やベースなど種類が豊富で必ず迷ってしまうので、好みのものを※2品選べるのもとっても嬉しい!
※ Aランチセットのカレーは、選べるメニューが日によって異なります

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。