体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Animal Collective『Painting With』Interview

animalcollective1

今年の初め、最新アルバム『ペインティング・ウィズ』をリリースしたアニマル・コレクティヴ。かれらが音楽をつくり始めてから早15年ちかく。スタジオ・アルバムだけでもすでに10枚を数えるが、なかでも今回の『ペインティング・ウィズ』は、その創造性あふれるサウンドがさらに新たな扉を開いたことを窺わせる一枚、と言っていい。パーカッシヴなビートやカラフルな電子音が映えるモダンなプロダクション。いっそう輪郭鮮やかに絡み合う多彩なヴォーカル・ワーク。そして何より、昨今のメインストリームのポップやR&Bにも通じる、しなやかに脈打つダンス・グルーヴ――。そんな意欲作を引っ提げてサマーソニックの深夜のイベント、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER出演のために来日したかれらに、アルバムのことはもちろん、シンパシーを寄せるというケンドリック・ラマーやLGBT問題について、さらにいまのアメリカをテーマに話を聞いてみた。

―最新作の『ペインティング・ウィズ』はこれまでのアルバムとは違い、スタジオで一から曲作りが行われたということで、いろいろと新たな試みや発見があったと思うのですが。

―ノア・レノックス(パンダ・ベア)「そうだね。今回そこが一番難しかったかもしれない。ライヴ用に表現できるようにシステムを構築し直すっていう。ライヴで一切演奏しない状態でレコーディングするのが初めてだったわけで、ライヴするにあたって一人一人の役割分担を決めたりとか、どれだけライヴで再現するのか話し合ったりとか……。あと、ライヴでドラムのジェレミー(・ハイマン。ポニーテイル、ボアダムスetc)と初めて一緒に演奏するわけで、そこでの絡みとか考えなくちゃならないことがあったからね」

――今回の新曲をライヴで再現する際のポイントとは?

―ブライアン・ウェルツ(ジオロジスト)「まあ、全体的に曲が長いってことはあるかもしれない。あとはアルバムよりも少し要素が少なくなってたり……とは言ってもまあ、ほんの少しだけど」

―デイヴ・ポートナー(エイヴィ・テア)「リサイクルした結果、省略されたというか……まあ、ライヴの方が全体的に緩い感じではあるよね。スタジオではもっとエレクトロニックなリズムを中心に音を組み立てていったというか。ライヴをやるときにはジェレミーも入ってくるから、それも考慮しつつ全体的にオープンで緩いという。ライヴのほうがアルバムよりもジャムっぽいかもしれない」

――今回のアルバムは、過去にマイケルやリアーナも録音したことがあるハリウッドのスタジオでレコーディングが行われたんですよね。

―ノア「まあ、たまたまというか。実はあのスタジオの前にロンドンとパリのスタジオを予約してあったんだけど、どちらも直前になってキャンセルになっちゃって。しかもレコーディングが始まる寸前で……で、なんやかんやいろいろあって、直前になって急遽あのスタジオが候補として挙がったというか。どこでもいいかからとにかく使えるスタジオを探しまわってたっていうだけで、デイヴはとくに気乗りしてなかったけどね。スタジオがある場所がロサンゼルスで、デイヴの住んでるとこでもあるし。本来なら知り合いとか誰もいないところにスタジオを借りて、レコーディングだけに集中できる環境で作業するのが好きなんだ。ただ、話を聞いてみると今回のアルバムで求めている方向にも合ってる気がしてね。結果的にあのスタジオでレコーディングできて良かったとは思うけど、最初は他に選択肢がないからやむを得ずっていう感じだったんだ」

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会