ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分の最適な睡眠時間は何時間? レム睡眠のサイクルを知り快眠体質になろう

  • ガジェット通信を≫


ショートスリーパーにロングスリーパー、昔から身体に良いと言われる8時間睡眠など、睡眠時間についてはいろいろな説があります。

実際のところ私たちにとって最適な睡眠時間は何時間なのでしょうか?

要チェック項目

□良質な睡眠を得るにはレム睡眠のサイクルを知ること

□睡眠時間は短くても長くてもメリット・デメリットが存在する

□自分に合った睡眠時間がもっともベストな睡眠時間である

起床時間はレム睡眠を意識すること

睡眠は大きく分けて2種類あります。それは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」です。

レム睡眠

レム睡眠は簡単に申しますと、眠りが浅い状態のことを指します。身体は眠っているけれど、脳は目覚めに近い状態のため、レム睡眠のときに起きると目覚めがいいと言われています。

また夢を見るのは、このレム睡眠のときが多いため、夢見睡眠と呼ばれることもあります。

ノンレム睡眠

レム睡眠とは対照的に深い眠りに入っている状態のことをノンレム睡眠と呼びます。身体が眠り、さらに脳もぐっすり眠っている状態です。このノンレム睡眠のときに起きると、目覚めが悪いと言われています。

レム睡眠とノンレム睡眠にはそれぞれ周期があります。一般的によく言われるのはレム睡眠は90分毎にやってきて、レム睡眠と次のレム睡眠の間にノンレム睡眠がやってくると言われています。

しかし、このレム睡眠の90分サイクルには個人差があり、人によって70〜110分程度の間でサイクルを繰り返します。

ショートスリーパー、ロングスリーパー、8時間睡眠のどのタイプでも、起床時間をレム睡眠に合わせることにより、目覚めのいい朝を迎えることができます。

まずは睡眠時間の調整を行うのではなく、レム睡眠に合わせた起床時間を意識しましょう。

ショートスリーパーのメリット・デメリット

ショートスリーパーとは短時間の睡眠でも健康上の問題なく、日々の生活を送れる人のことを言います。一般的に6時間未満の睡眠でも大丈夫な人を指しますが、なかには1時間〜3時間の睡眠でも大丈夫な方がいるほどです。

ショートスリーパーは遺伝による影響が大きいのですが、徐々に身体を慣らすことでショートスリーパーにすることも可能だそうです。ただし、メリットとデメリットをしっかり把握しておきましょう。

メリット

ショートスリーパーの一番のメリットはやはり時間です。睡眠時間が極端に短いため、多くの時間を仕事や勉学、プライベートに使うことができます。

デメリット

ショートスリーパーのデメリットは睡眠不足による病気の併発や疲労の蓄積、病気予防の免疫力の低下などが当てはまります。睡眠不足はガンや心臓病のリスクを高めると言われいます。

ショートスリーパーの方たちは、今は元気でも長期的に考えると本当にずっと健康でいられるかどうかはわかりません。

8時間睡眠のメリット・デメリット

一般的に睡眠時間は8時間がベストだと言われています。世間的にも睡眠時間は8時間が良いという情報はよく出回っており、自分の睡眠時間も8時間確保するようにしているという方も多いのではないでしょうか?

では実際のところ8時間睡眠のメリットとデメリットは何なのか、見ていきたいと思います。

メリット

8時間睡眠のメリットは朝の目覚めの良さ、病気予防の免疫力アップ、日中の眠気の無さなど、様々な効果が期待できます。

目覚めの良さと日中の眠気の無さは日々のモチベーションアップに大いに役立ち、アイデアなどもひらめきやすくなると言われています。

デメリット

8時間睡眠を意識することで寝つきが悪くなったという人がいます。また、一般的に良いと言われている8時間睡眠ですが、科学的根拠はまだはっきりとわかっていません。

8時間睡眠をとれば絶対に身体に良いと断言することはできないのです。

ロングスリーパーのメリット・デメリット

ロングスリーパーとはショートスリーパーの逆で長時間眠ることを指します。時間としては10〜12時間ほど眠ることを言う場合が多いようです。

メリット

ロングスリーパーのメリットはストレスが解消されやすいことです。ストレスを解消する方法は様々ありますが、もっとも効果的な方法のひとつが眠ることです。

何か嫌なことが起こっても、ぐっすり眠った次の日は気持ちが清々しく感じる経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

デメリット

実は長時間寝ると病気になるリスクを高めると言われています。病気になるリスクを高めることから短命である場合も多いというデータもあるほどです。

また長時間眠っているにもかかわらず、日中眠気が襲ってくる方は過眠症の疑いもありますので、心配な方は病院へ診察を受けに行きましょう。

最適な睡眠時間は人それぞれ違う


先に述べたようにショートスリーパーは誰でも努力次第で近づけることができますが、安易に睡眠時間を減らすのは得策とは言えません。

あくまでショートスリーパーの方たちは元々、ショートスリーパーを行っても大丈夫なような特異体質である場合が多いのです。普通の方は無理をしてまで、ショートスリーパーになる必要性はないと思われます。

医学がどれだけ発展しても、万人に共通してこれは身体に良いというのは非常に難しいことです。最終的に大事なのは自分に合った睡眠時間をとることなのです。

レム睡眠と自分に合った睡眠時間で良質な睡眠を体得しよう

メリットだけを見て、すぐに実践するのではなく、それぞれのデメリットも確認した上で最適な睡眠時間を探しましょう。

自分の身体の負荷にならない睡眠時間をしっかり確保し、起床時間をレム睡眠のサイクルに合わせたものすることで良質な睡眠を得ることできるのです。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

眠れないあなたに睡眠薬…注意したい使用方法と副作用を教えて!
【更年期障害】夜眠れなくなるのも更年期の症状?
耳栓で睡眠障害を防止!正しい耳栓の選び方と清潔に保つ方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP