ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腹巻でお腹を温めて皮下脂肪とサヨナラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

風が冷たくなってくるともう一枚、重ね着したくなりますね。重ね着ということでぜひおすすめしたいのは腹巻きです。え、ハラマキ?お腹を温めるのに便利な腹巻はなんとなく古臭くてかっこ悪い?気がしないでもないですが…でもさすが昔から使ってきただけあって、その効果がすごいんです。

内臓を温めると良いこと

体が元気な時というのは、体の機能がうまく働いており、内臓が元気な証拠です。こんな時は食欲があり美味しく食事ができて、活発に動けますよね。しかし、胃や腸の調子が悪くなると、一気に活力ダウンしてしまいます。このように、元気でいるためには内臓の調子を整えておくことが大切なのです。そして内臓が調子よく作用するには、適度な温度が必要となります。体が冷えてしまうと、内臓の機能が低下して血流が悪くなるだけでなく、代謝も落ちてしまいます。内臓を温めてあげることはその機能を上げること、だから内臓が集中するお腹周りを温めると内臓がポカポカになって体が元気になるのです。

腹巻のすごい効果とは

内臓を温めるとその機能が高まることが分かってきて、最近では腹巻のチカラが見直されています。たかが腹巻とあなどってはいけません。腹巻をすることで得られる驚くべき効果が明らかになっています。

○皮下脂肪がつきにくくなる

気温が下がってくると、冷えから内臓を守ろうと自己防衛反応でお腹周りに皮下脂肪がつきやすくなります。だから腹巻をすると余分な脂肪がつきにくくなります。

○代謝が上がる

腹巻で温めると内臓機能が高まり血流がよくなり、新陳代謝が活発になります。それにより肌の調子がよくなり、また便秘解消の効果も期待できます。さらには免疫力がアップし風邪などにかかりにくくなります。

○生理痛の緩和

腹巻をすることで子宮など女性にとって大事な臓器も温めることができます。生理痛は子宮を冷やすと痛みが増します。温めることで痛みが軽減される効果があるのです。

自分にあった腹巻を選ぼう!

自分にあった腹巻を選ぶポイントは素材と形です。素材は通気性がよく、特に敏感肌である場合は肌に優しい素材を選んだほうが良いでしょう。直接肌に触れるのであらばシルクやコットン、下着の上から着用するのであれば、温め効果の高いウールもおすすめです。形はなるべく体に無理のないものを選びましょう。体を締め付けてしまうと血流が悪くなり逆効果となります。最近ではいろんなタイプの腹巻があり、ショーツまたはレギンスと一体化したものや、色や柄がかわいく洋服の一部として見せても大丈夫なものなど、違和感なく着こなせるものがたくさんあります。腹巻効果を得ながらおしゃれの一部として取り入れてみてはいかがでしょうか。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP