ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマス前に使ってみて! 気になる異性が「OK」したくなるメッセージ術

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年ももう11月。そろそろクリスマスが視野に入ってくる時期です。

一緒に過ごしたい人、気になる人がいるなら「気が早い」なんて言っちゃいけません。早めに誘っておく方が相手も予定を空けやすいに決まってます。

でも、クリスマスデートのお誘いをするなら、気をつけるべきなのが「誘い方」。直接声をかけられるならいいのですが、LINEやメールなどのメッセージサービスを使って誘う人も多いはず。

実はこれが曲者です。たとえ好意を持っていた相手からのお誘いメールでも、文面があまりに自己中心的だったり、幼稚だったりすると「コイツと一日過ごすのキツいかも…」と思ってしまうのが人間というもの。

逆に、何とも思っていなかった相手でも、メッセージの文面から優しさや誠実さが読み取れれば、好感を持つこともあります

このように、相手からの印象を左右してしまうのがメッセージの文章。具体的には、どんなことに注意してメッセージを作ればいいのでしょうか。

『出口 汪の論理的に書く技術』(出口汪/著、ソフトバンク クリエイティブ/刊)ではこんなチェックポイントが紹介されています。

■「相手は自分に興味を持っていない」という前提で文面を考える

私たちのほとんどは、社会に出るまで「相手に伝わる文章」の書き方は教わりません。そのため、文章メッセージの基本中の基本である「読み手のことを考えて書く」ことが身についていない人は非常に多いそう。

気になる異性を誘うメールなのにこういった前提を持つのは何だか悲しい気もしますが、メッセージを作る際に「相手は自分に興味を持っていない」という前提はとても重要になります。

■絶対タブーな文章とは?

メッセージを考える際に絶対にタブーなのは、自己主張ばかり並べること。

これは会話でも一緒ですが、自分のことばかり話す相手といると疲れてしまって、最後まで話を聞けませんよね。「クリスマスを一緒に過ごす」という目的を達成するためにも、「会いたい」「誘いたい」という主張の部分は控えめにしておきましょう。

■贅肉をそぎ落とし、シンプルに

説明のしすぎ、修飾語の使いすぎにも気をつけたいところです。これだと、確かに思いは伝わるかもしれませんが、肝心の要件が伝わりにくくなってしまいます。

文章はできるかぎりシンプルに短く。少し物足りないくらいが、ちょうどいいさじ加減です。

 ◇ ◇ ◇

本書には、今回紹介したものの他にも「相手に伝わる」「相手から好感を持たれる」メッセージの書き方がまだまだたくさん取り上げられています。

文章で思いを伝えたり、人の気持ちを動かすのは難しいと思われがちですが、ちょっとしたコツを覚えれば誰にでもできること。

クリスマスを楽しく過ごすために、こうしたスキルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

長男、次男、末っ子、一人っ子 「コミュニケーション力」が一番高いのは?

宇多田『Fantôme』でわかる「CDの未来」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP