ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アクア独走に待った 加速するコンパクトカー市場の燃費戦争

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま日本の自動車市場で、もっとも売れている車両クラスは「軽自動車」で、シェアは27%。それに次ぐのが「コンパクトカー」で、17%となっている(台数ベース。2015年、自販連調べ)。両者を合わせると44%となり、新車販売の半分近くを占めることになる。

 なかでも軽自動車の市場では、激しいシェア争いが繰り広げられてきた。日本の自動車ユーザーは燃費を重視するため、販売競争は「燃費競争」という“代理戦争”に形を変え、各メーカーは0.1km/lでも他社を上回ろうとしのぎを削っている。その競争に取り残されそうになった三菱自動車が、燃費計測不正に走ったのは記憶に新しい。

 その波がコンパクトカーの市場にも押し寄せようとしている。このクラスはトヨタ「アクア」、ホンダ「フィット」、日産「ノート」が3強で、中でも「アクア」は他の2つを圧倒し、昨年、国内の新車販売で全車種のうちもっとも売れた。人気の背景はハイブリッド車ならではの燃費の良さだ。クラス内で世界トップレベルの37.0km/l(JC08モード)を誇る。

 だが、これを上回るクルマが登場したことで、コンパクトカー市場でも燃費戦争が勃発しようとしている。11月2日、日産は「ノート」をマイナーチェンジし、「e-POWER」というハイブリッド版を追加すると発表。「ノートe-POWER」の燃費は37.2km/l(e-POWER Sの場合)で、わずかだが「アクア」を上回ったのだ。

「e-POWER」は、エンジンを発電機として利用し、発電した電力を電池に貯めて電動モーターで走る、いわゆる「シリーズ式ハイブリッド」というしくみ。加速性能に優れ、静粛性が高い電気自動車の走りのメリットを享受しながら、充電の必要はなく、ガソリン車と同じように給油するだけでよい。

 日産は「アクア」打倒のため、まさに“切り札”を投入したといえるが、自動車業界に詳しい経済ジャーナリストの池原照雄氏は、影響はそれだけに留まらないという。

「ドライバーはクルマを燃費だけでなく、走行性能や使い勝手、乗り心地などさまざまな点から評価します。もし『ノートe-POWER』がヒットすれば、他社への影響も大きい。これまでマツダもシリーズ式ハイブリッドの開発をしていますし、スズキも以前プロトタイプを発表していたので、開発に拍車がかかる可能性はあります。シリーズ式は構造がシンプルで、価格も抑えられるので、他社が追随しても不思議ではありません」

 既に「アクア」と「フィット」で、クラストップの燃費を競い合ってきたコンパクトカー市場。日産が「ノート」初のハイブリッドを投入したことで、燃費戦争がさらに加速していくのは間違いないだろう。

【関連記事】
ハイブリッドカーでガンガンアクセル踏むのはエコじゃない
「私は山ガール」美女「山の麓までエコカードライブしたい」
【東京モーターショー】軽の威信かけるスズキとPテール美女

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP