ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J.J.エイブラムス 「日本映画は感情を最も美しく表現する」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『スター・トレック』を始め、昨年大ヒットした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも、プロデューサーを務めたJ.J.エイブラムス氏(50才)。

 彼は、その才能からルーカス、スピルバーグの後継者との呼び声も高いが、その素顔とはいかなるものなのだろうか? 創作の発想の根源にあるのは、ごく日常の親子や恋人同士の会話、ふれあいからである、と言い切る。

「ぼくの好きなアクションアドベンチャーの大作は、誰もが実際には経験したことのない世界を描いています。つまり、現実離れしているんです。そんな中で想像力を働かせて、現実としてリアリティーのあるストーリーにするためには、キャラクターである彼らの目を通してその世界を信じてもらうしかない」(J.J. 以下「」内同)

 そのため、まずプロデューサーの視点で、演技力を重視して俳優を選ぶ。

「アクションだけでは、共感を呼ぶ作品はできません。人間を、愛情や友情という人間関係を、きちんと描くことが大切なんです。人間が描かれていなければ、映画として成立しません。そのために、それが演じられる俳優をキャスティングします。

 その役に真実味を出すことのできる俳優を探すのです。当たり前のことのようだけれど、まるで演技をしていないように、役になりきれる人が必要なんです。一生懸命演じているというのではなく、自然に演じられる俳優がね」

 プロデューサーとして、いつしか俳優論に熱がこもる。

「人々の心を動かしたり泣かせたり笑わせたりするということは、本当に貴重なものであり、それこそ俳優の技量だと思うんです」

 そして、「時代が変わっても、人種や育った環境が変わっても、人の心は変わらない」と言う。今の私たちと同じようにはるかな未来でも、銀河宇宙が舞台でも、そこに生きる人の心は変わらないはずだ、と。

 また彼自身、これまでの作品で黒澤明や小津安二郎などの映画から、家族や仲間といった人間関係を描いた部分を参考にしている、と語っている。

「人間の感情を世界で最も美しく表現しているのが、日本映画だと思うんです」

 映画に限らず、彼の日本びいきは相当なもの。日本の好きなところをと聞くと、たちどころに、

「人や歴史、文化、建築、食べ物、音楽、色…うーん、好きなものがありすぎてわからない(笑い)! 特に東京が好きですね。今回の来日でも一日中、街中を歩き回るのを楽しみにしているんです。でも、いつかは富士山にも登ってみたい!」

 日本好きで有名なJ.J.が、最近見た日本映画では『シン・ゴジラ』がお気に入り。ちなみにハマっているのは筆ペンとか。もしかして、次回作は東京が舞台になるのだろうか。ところで、米国で『スター・トレック』シリーズのテレビ放送が始まったのは、1966年のこと。今年は記念すべき50周年だ。

 この作品と同じく今年6月に50才を迎えた彼に感想を聞くと、一瞬おどけた表情をして、

「泣けるよ、まったく!(笑い)」

 と、茶目っ気たっぷり。いつもチェックのシャツを着ていることが多いけど、と切り込んでみると…。

「いつもって、そんなことはないよ! Tシャツのほうが多いんじゃないかな(笑い)。あ、でも今日はもっと明るい、はっきりした色を選んだほうがよかったかな?」

 ああ、この温かみが愛ある作品を生み出し、世界中で愛される理由なのか!

撮影■森浩司

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
金城武の姪の台湾美女 濡れたYシャツから透ける艶やか肢体
誰もが避けられぬ「老い」について日本映画を通して考えた本
主演映画公開の八千草薫 仲代達矢と一緒に和服姿を披露する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP