体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

観光客が狙われる!キューバでトラブルに巻き込まれないための心得5つ

生活・趣味

近年観光地化が加速しているキューバ。「今がチャンス!50年代へタイムスリップ、キューバの旅」でも、古き良きキューバを楽しむなら今、とお伝えしました。とはいえアジア人の観光客は欧米に比べるとまだまだ少なく、街ではそれほどアジア人を見かけることがありません。それゆえに キューバに訪れる日本人をターゲットにしたトラブルに遭うこともあります。

今回はキューバ旅行でトラブルに巻き込まれることなく楽しむための注意すべきポイントをご紹介します。

1.親しげに話しかけてくるキューバ人に注意!

キューバで街を歩いていると、現地人が突然話しかけてくることがあります。片言の英語や「コンニチハ」「ニホン」などの限られた単語を使い、こちらが興味のないふりをしても笑顔で会話をしようとしてきます。この笑顔に騙されると危険なのです!

観光客が狙われる!キューバでトラブルに巻き込まれないための心得

2.葉巻

キューバの名産品の一つは何と言ってもシガー(葉巻)です。観光客が揃ってシガーを買い求めるのにつけこんで、「安くて上質なシガーをこの近くで売っているからお店まで連れて行ってあげるよ」「今日まで特別に値引きをしているんだ」など、言葉巧みに誘い出し、低品質の安くないシガーを売りつけてくることがあります。「シガーは買ったか?」と聞かれたら要注意! お土産にシガーを買いたいのであれば、工場直営の販売店で買うことをおすすめします。

観光客が狙われる!キューバでトラブルに巻き込まれないための心得
■あわせて読みたい

【カラフルなデジャヴの魅惑】キューバってどんなとこ?
旅好きに人気のキューバのお宿事情、宿泊するならホテルよりカーサがおすすめ!

3.Buena Bista Social Club

「今日は街の向こうでお祭りをやっているんだよ!良い時期にキューバに来て君はラッキーだ!」「ダンスを教えてあげるから一緒に行こう!」などと声をかけてくる輩にも要注意。彼らの誘いに乗ってお祭りを行っているという場所にやってくると、祭り会場ではないバーなどに連れて行かれ、そこで勝手に法外な料金の飲み物を注文され、支払いをさせられるといった手口も近年増えてきているようです。「連れて行ってあげるよ!」の言葉に騙されてはいけません。

観光客が狙われる!キューバでトラブルに巻き込まれないための心得

4.レストラン

何かを食べようと思い街を歩いていると、レストランの店の前で客引きしているお店を目にすることがあります。この時、値段を見せずに「魚を食べないか?」「暑いからモヒートでも飲んでいきなよ」と親しげに声をかけてくるお店には要注意。飲み食いし終えた後で法外な料金を請求されることがあります。お店に入る際には、必ず値段が表示してあるかを確認し、なければ注文をする前に聞いておきましょう。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会