ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーシェアリングも自在!最新のプラットフォームを備えた自動車メーカーLynk & Coから目が離せない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボルボを傘下におさめる中国最大手の自動車メーカー、吉利汽車(ジーリー)が、新たなブランド「Lynk & Co」の設立を発表した。

・販売はオンラインで

Lynk & Coは、これまでの自動車業界の流通やカーシェアリングのあり方を覆すものになるかもしれない。

このほどLynk & Coとしての第一弾、SUVタイプの「Lync & Co 01」が発表された。2021年までに「01」~「04」まで、4つの車種がマーケットに投入される予定だ。

車の購入は、オンラインがメイン。価格はグローバル基準で全世界共通、購入者の家まで直接送り届けられる。

・ITを駆使した最先端のカーシェア!

もう一つの際立った特徴はカーシェアリングについてだ
オーナーは、家族や友人、同僚らとスマホ用のアプリとデジタルロックを共有することで、自在なカーシェアリングが可能となる。

ITによるこの斬新なプラットフォームは、マイクロソフト、アリババ、エリクソンとの協働によって開発された。

「このようなデジタル・プラットフォームはオープンAPIの賜物であり、自動車の体験をより個人向けに、豊かに、拡大する機会を与えてくれるものになるだろう」とはプレスリリースでのコメント。

「01」は2017年、中国から販売がスタートする。次いでヨーロッパ、アメリカと続く予定だ。

Lynk & Co is a new car brand that aims to do everything differently

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP