ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと大人な贅沢を…。一度は泊まりたい!おすすめの憧れ宿【神奈川】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たまには贅沢な空間で、日ごろの疲れを癒したい。そんな方におすすめなのが最高のおもてなしを体験できるラグジュアリーな宿。豊かな歴史と文化を持つ神奈川から、厳選の憧れ宿をご紹介します。

国内外から愛されているクラシックホテルや、自然豊かな仙石原で日本人の好みに合うフレンチを提供するオーベルジュなど、是非とも訪れてみたい宿をご案内。

大切な人と一緒に、癒しのひと時を過ごしてみてはいかがですか?

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル【神奈川県横浜市】

最新イルミネーションの迫力に圧倒される大観覧車前の特等席。

光のアートと共に、シェフの心尽くしのディナーをお部屋で楽しもう

スパークリングワインとアニバーサリーケーキで特別な日を祝って

ベイビューの客室からはベイブリッジなど横浜港の夜景が一望のもと

みなとみらいエリアのシンボルのひとつ、ヨットの帆をイメージした印象的な外観。昨年、その27~29階の特別フロア「クラブ インターコンチネンタル」をリニューアルし、豪華客船での船旅をイメージさせるラグジュアリーな空間に生まれ変わった。落ち着いた色調のクラシックな雰囲気は、大人の滞在にぴったりだ。客室は景観によって選べるが、今ならみなとみらいエリアを一望するシティービューがおすすめ。

2016年3月に約1670万色を表現するフルLEDにリニューアルした「コスモクロック21」が目の前で楽しめる。15分毎に行われる光の競演に圧倒されながら、夢のような時を過ごそう。 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

TEL/045-223-2222

住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

アクセス/電車:みなとみらい線みなとみらい駅徒歩5分

車:首都高横羽線みなとみらい出口より2分

「コハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」の詳細はこちら

富士屋ホテル【神奈川県箱根町】

大人の遊び心をくすぐるザ・クラシックホテル。

絨毯に桜の模様があしらわれた「花御殿スイート~桜~」。部屋の風呂では宮ノ下の温泉が楽しめる

天井絵や彫刻が美しいメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」で伝統のフレンチをいただこう

本館ロビー階から客室へとつながる雰囲気たっぷりの大階段から特別な1日が始まる

ホテルスタッフが館内の見どころを紹介する平日限定の「館内ツアー」も実施

初代の花御殿のカギ

温かみのあるレトロな照明

三代目の顔をモチーフにした「山口正造の睨み顔」

636種の高山植物が描かれている「ザ・フジヤ」の格天井

明治11年、箱根・宮ノ下の地で日本初の本格リゾートホテルとして産声を上げた「富士屋ホテル」。それから130年余という長きの間、国内外の人々から愛されてきたクラシックホテルの先駆け的存在だ。敷地内には登録有形文化財に指定された建物も多く、歴史ある絵画や書が飾られた館内は、さながらミュージアムのよう。映画のワンシーンを思わせる飴色の大階段や登り龍をあしらった柱、細かい意匠を凝らした欄間など、大人の遊び心をくすぐるディテールの数々に、思わず胸が高鳴る。

ゲストルームに足を踏み入れると、そこは明治の洋館を思わせるような優雅な空間だ。和と洋の美意識が競うように混在する独特な雰囲気を楽しみつつ、特別なゲストになったような気分で寛ぎたい。

そして、一日を締めくくるディナーはぜひ、登録有形文化財に指定されているメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」で。大切な記念日なら、富士山をモチーフにしたV・I・P専用の絵皿でメインディッシュをいただけるディナーコース「富士屋浪漫」を奮発してみるのもいい。特別な空間でいただく伝統の味は、きっと長く心に残る思い出になるに違いない。

History

純和風の日本旅館に洋の要素を取り入れた、日本のリゾートホテルの先駆け

明治11年(1878年)7月15日に、日本で初めての本格的なリゾートホテルとして開業。宮ノ下で500年の歴史を持つ温泉旅館「藤屋」の名前をもとに「富士屋ホテル」と名付けられた。明治26年(1893年)から大正元年(1912年)の間は外国人客専用のホテルとして営業。第二次世界大戦で一時営業を停止するも、その後再開する。宿泊客にはチャーリー・チャップリンやヘレン・ケラーなどの著名人が名を連ね、国内外から愛されるホテルへと成長を遂げながら現在に至る。 富士屋ホテル

TEL/0460-82-2211

住所/神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359

料金/1泊2食2万4990円~(洋室ツイン)

アクセス/電車:箱根登山鉄道宮ノ下駅より徒歩7分 車:東名御殿場ICより20分

「富士屋ホテル」の詳細はこちら

オーベルジュ漣 -Ren-【神奈川県箱根町】

親しみやすいフレンチと箱根の名湯で心身を癒やす。

2階にあるダイニング。ワインは自然派が中心

コンフォートツインRの客室露天風呂。室内はリビングとベッドルームが別々に

スーペリアツインは52.8平方メートルと広々。ウッドデッキに露天風呂が

ストーリー性のある構成を意識する池澤シェフ

前菜のスペシャリテ、海のぜいたくなカクテル

ビュルゴー家シャラン鴨の低温ローストとそのジュ

葉山和牛フィレ肉のステーキ:神奈川のブランド牛を使ったメイン料理。軽く火を通した松茸に秋の醍醐味を実感。

※メニューは一例です。時期によって異なる場合もあります。

自然豊かな仙石原にあり、敷地はおよそ1000坪。オーベルジュとしての美食はもちろん、良質な温泉も堪能できる宿だ。料理長はフランスの星付きレストランで修業した池澤雅史さん。野菜は箱根西麓で育ったものを、魚介は自ら沼津港へと足を運び、新鮮な状態で手に入れる。

目指しているのは、日本人の舌に合うフランス料理。そのため常に素材を見極め、ベストな火入れを探求し、本来のよさを引き出せるよう心をくだく。味わいだけでなく、食べ方もボーダーレス。普段の食事のようにリラックスしてもらえるなら、と希望があれば箸も用意する。大涌谷から引く良質な温泉は、男女別の露天風呂で。いつでも気ままに入浴を楽しみたければ、3室ある露天風呂付きの客室がおすすめだ。 オーベルジュ漣 -Ren-

TEL/0460-84-9000

住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285-17

料金/1泊2食2万6286円~

アクセス/東名御殿場ICより20分

「オーベルジュ漣 -Ren-」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ぬるぬる湯で極楽♪誰にも教えたくない美肌温泉5選【関西・中国・四国】
自然豊かな箱根で過ごすクリスマスは、大人のデートにも最適!クリスマスに過ごしたいデートスポット20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP