ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

欅坂46「ナチス風衣装」で秋元康が謝罪、ネット大激論

DATE:
  • ガジェット通信を≫


人気アイドルグループ「欅坂46」のライブ衣装が「ナチスの制服」に酷似していたという問題が、世界的レベルの事案へと発展。ついには総合プロデューサー・秋元康が謝罪に追い込まれるという事態に、ネットでは大激論となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

事の発端となったのは、10月22日に開催されたハロウィンライブ時の「欅坂46」の衣装だ。黒い軍服風のワンピース、黒いマント、そしてドイツの国章に描かれたワシにも見える刺繍が施された黒い帽子といった出で立ちだった。ネットでは、「ナチスを彷彿とさせる」との指摘が相次ぐ騒ぎとなり、海外にも知れ渡る事態に。英国紙「デイリー・メール」など複数メディアがそれを報じた。

31日には、国際的なユダヤ人権組織「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が、「若者がナチス風の制服を着て公衆の面前でダンスをすることは、ナチスの大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす(Watching young teens on the stage and in the audience dancing in Nazi-style uniforms causes great distress to the victims of the Nazi genocide.)」として、秋元プロデューサーとソニー・ミュージックに謝罪を要求。そして11月1日には、「ありえない衣装」「不快な思いをさせてしまった」などとそれぞれが謝罪することとなった。

謝罪により幕引きが図られた当問題。しかし、この一連の騒動にTwitterでは議論が続いており、

「ハーケンクロイツあるならともかく、似た服装ってだけで今後こんな感じの服は全部駄目ってなるわけ?」
「沢田研二や坂本龍一らの衣装は明らかにナチスを模しているように思えるが欅坂46の『問題の衣装』に関わった人たちは果たしてナチスをイメージしていたのだろうか?」

と過大に騒がれすぎではないか、と反論する声の一方で、

「わざわざナチスっぽい格好をさせる理由がわからないというか、炎上商法もいい加減にしたら?と思う。ウンザリなんだよ」
「日本で言うと原爆での犠牲者、被害者を冒とくしてるのに匹敵するんだよ。ファンは擁護するだろうけど」
「『過去のこと、日本には関係ない』と言う人も多いが、海外で明らかに麻原彰晃の仮装をしたアイドルがいたらどうかな。日本としてはエンタメに変えて欲しくない歴史だよな」

と問題の重大さを指摘し、SWCによる謝罪要求はもっともだという意見も。また、

「エンターテインメントとしてもあまりにも幼稚だと言わざるを得ない。これが『クールジャパン』だというのなら、そんなものは要らない」
「散々クールジャパンなんて宣伝してる訳で、そうなるとグローバリゼーションされた視点が芸能活動に持ち込まれるのは当たり前」
「けやきざか?の問題点は2つだよね
国として推進していたクールジャパン(白目)事業に関わってていた秋元氏が他の国を配慮できていないこと
ナチス及びヒトラーは笑い飛ばせるレベルの過去ではないこと」(原文ママ)

と日本のエンタメをクールジャパンとして海外展開するからには、決して軽く考えてはいけない問題だとするユーザーもいた。

両者の謝罪を受けて、米国の『タイム』誌をはじめ、世界的な通信社・AP通信など次々と世界の有力メディアが報じており、問題はさらなる広がりを見せているようだ。ユーザー間でも、賛否両論が連日のように吹き荒れ、その勢いはとどまることを知らない。一連の騒動とともに議論の沈静化もまだまだ時間を要しそうだ。

(山中一生)

(R25編集部)

欅坂46「ナチス風衣装」で秋元康が謝罪、ネット大激論はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

長澤まさみ「理想のヒーロー像は…」
赤い通り魔? 異色の特撮『レッドマン』に中毒者続出
乃木坂46 握手会で暴言吐く人に怒りの声
安彦良和「ファーストガンダムにどう始末を付けるか」
『笑点』新メンバーに「月亭方正」予想する声多数!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP