ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『シン・ゴジラ』で注目の発声可能上映 その独特な楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 興行収入が70億円を超え、2016年公開の実写映画興行収入暫定1位と、大ヒット中の『シン・ゴジラ』。作品のおもしろさはもちろん、“発声可能上映”と銘打った特殊な上映が全国各地で行われたことで、大きな話題を呼んだ。

 9月15日にTOHOシネマズ新宿で行われた“発声可能上映”とキャスト・スタッフによる舞台挨拶のチケットは、わずか30秒で完売したというから驚く。

◆声援とサイリュウムで劇場がコンサート会場に

 発声可能上映とは、映画の上映中に声を出してもよいとする鑑賞スタイルのこと。サイリウムやペンライトの持ち込みや、コスプレが許可されており、観客は登場人物の名前や劇中のセリフが書かれた手作りのうちわやサイリウムなどを手に、思い思いのコスプレ姿で、スクリーンに向かって声援を送る。会場が一体となって盛り上がる様子は、まるでライブのようだ。

 この革新的な映画の鑑賞スタイルは、2011年『けいおん!』や2016年『ラブライブ!The  School Idol Movie』など、アニメ劇場作で多く実施されてきた。それが今年に入り一躍ブームとなったのは、1月に公開された『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』の影響が大きい。

『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』(以下、キンプリ)は、女児向けのテレビアニメ『プリティーリズム』シリーズの公式スピンオフ作品。プリズムスタァを目指す主人公の男の子が、歌とダンスとフィギュアスケートが融合したショーを披露するために困難に立ち向かう成長物語だ。

 1月の公開時はわずか14館での上映スタートだったが、作品の魅力に加え、応援上映のおもしろさがインターネットで話題になり、上映館数はのべ130館に拡大。現在も公開中という異例のロングランを記録している。

 キンプリのプロデューサーであるエイベックス・ピクチャーズの西浩子さんは、応援上映を企画した理由を次のように語る。

「実は、応援上映はキンプリ以前の2014年に公開された『プリティーリズム』の劇場作品、『劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン』から行っていた催しです。これが好評だったため、キンプリでも応援上映を行うことになりました」(西さん、以下「」同)

◆応援上映を前提に製作されたキンブリ

 応援上映のほかにも絶叫上映など、声を出してもよい映画の上映会はキンプリより前から行われていた。では、なぜキンプリによって爆発的な広がりを見せたのか。

「監督によってキンプリが応援上映を想定して作られたことが大きいと思います。たとえば、キャラクターの相手役になりきってアフレコができる『プリズム☆アフレコ』というものです。女の子が男性キャラクターにソフトクリームを食べさせるシーンでは、お客さんがキャラクターと会話している気分になれるように、女の子のセリフを“ア~ン”という字幕だけにしています」

 さらに、セリフの後に一定の間を作ることで、観客がキャラクターに対して声援を送ったり、ツッコミを入れやすいようにしている。こういった工夫によって、観客が気持ちよく声を出すことができるのだ。

「応援上映によって劇場全体に一体感が生まれ、『まるでライブみたいで楽しい』と、SNSを中心に口コミが拡散。テレビで取り上げていただいたこともあり、人気が広がっていきました」

◆観客のユニークなツッコミに衝撃

 観客のアクションを促す仕掛けが随所にちりばめられているキンプリだが、予想していなかった声援やツッコミに驚かされることも多かったという。

「初日の応援上映で、“苦手な食べ物は何だい?”というキャラクターのセリフに対し、『ピーマン!』と答えたお客さんがいたのは衝撃的でした。劇場もドッと盛り上がっていましたね」

 ほかにも、キャラクターが登場して自分の名前を言うと「いい名前!」「みんなに言いたいことがあります!」というセリフに「なーにー?」といった合いの手も。おもしろい声援やツッコミはSNSで拡散され、お約束になっていく。また、応援上映を初体験したお客さんが、『私もあのツッコミが言いたい!』と、再び劇場に訪れることも多く、リピーター獲得にもつながっている。また、予告上映でも応援をすることに衝撃を受けたという。

「映画の違法ダウンロードを注意する『映画泥棒』の映像になると、みんなで赤のサイリウムを振るんですよ。応援上映は本編からではなく、予告から始まっているんですね」

◆応援上映を通じて友達ができる

 応援上映に魅了され、200回以上も通うリピーターがいるというキンプリ。上映される作品は同じだが、作品に対するお客さんの声援やツッコミは毎回異なるため、何度でも劇場に足を運びたくなるのだ。

「物語に登場するはちみつにちなんで周囲の人にはちみつキャンディーを配ったり、どのキャラクターが好きか話したりと、コミュニケーションも多く生まれています。

 キンプリの応援上映を通して友達ができたと、喜んでいるお客さんも非常に多いんですよ」

 これまで声出し可能な上映は、キンプリのような歌やダンス、バトルシーンのあるアニメの劇場作品で行われることが多かった。しかし、最近は実写映画でも取り入れられている。

 冒頭でも紹介した『シン・ゴジラ』の応援上映は庵野秀明総監督の提案によって実現した。東宝では応援上映を実施した前例はなく、実写映画なので不安もあったというが、心配をものともせず、応援上映は大盛況。

「人気のシーンに登場する在来線の電車やコピー機のかぶり物など、われわれスタッフも驚くコスプレをしているファンもいらっしゃいました」と、東宝宣伝部のスタッフ。

 上映中は石原さとみ演じるカヨコ・アン・パタースンの「ZARAはどこ?」というセリフに対して「新宿にあるよ~!」と答えたり、ゴジラを凍結させるために血液凝固剤をのませるシーンで「イッキ! イッキ!」というコールが起こるなど、ユニークな合いの手で盛り上がる。

「サイリウムの色をゴジラ登場時は赤、自衛隊との戦闘シーンでは緑、ゴジラの熱線放射シーンでは紫と変化させていたのも印象的です。お客さんの作品への熱い想いを感じ、発声可能上映は『シン・ゴジラ』に合っていたんだと感動しました」

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
キンプリ「応援上映」にOLたちがなぜ熱狂するのか
おかずクラブ、オカリナ&ゆいPが大股開きで悶絶の表情
LINE 人気理由は「スタンプ可愛いからでしょ」と運営社社員

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。