ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VR Innovator、世界初のドリフトレーシングVRゲーム開発を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幅広く活躍できるVRのプログラム開発や制作を行うVR INNOVATOR INC.(以下「VRI」)が、世界初のリアルドリフトレーシングVRゲーム『Fearless D(フィアレス ディ)』の開発をスタートさせました。

この作品には、ドリフト界の”神”として名高い、”ドリフトキング”土屋圭一氏が開発メンバーに加わっているだけでなく、ロサンゼルスなどで『Call of Duty』シリーズなどを手がけてきたエンジニアが迎えられているなど非常に豪華な製作陣になっています。また、ゲームの製作だけでなく、これまでにないVR対応のコントローラーの開発にも取り組んで行く予定です。


“ドリフトキング”土屋圭一氏

今回のプロジェクトはコロプラグループのVRファンドColopl VR Fundの投資を受けて指導したプロジェクトの第一弾です。これにより、VRプログラムの開発体制の強化と開発の加速のためにロサンゼルスにVR開発専門スタジオを設立するなど、あらゆる分野のクリエイター・スペシャリストのメンバーが新たなクリエイティブ環境を創造して行くことが期待されます。

さらにVRIは、12月2~4日に千葉・幕張メッセにて初開催される、世界最大級のポップカルチャーイベント「東京コミコン」に出展し、VRゲームの体感ブースなどを予定しています。イベント開催中は、トークショーやサイン会なども予定しています。

VRのレーシングゲームはソフト面だけでなく、関連記事のようにハードも含めた開発が進んでいる分野です。今回のプロジェクトでどのような新型VRコントローラーが登場するのか楽しみです。

VR INNOVATOR INC. 公式サイト(英語・準備中)

vr-innovator.com/

(参考)
VRのプログラム開発を行うVR INNOVATOR INC.は、Colopl VR Fundからの投資により、エンターテインメントから医療分野まで幅広く活躍できるVRプログラムの開発を本格始動 | PR TIMES

prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000021254.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP