ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「とろ×ザク」あのクロッカンシューをお家で再現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ざくざく生地と新鮮クリームのバランスが絶妙なクロッカンシュー。
実はお家でハンドメイドが可能!
形を変えたり、クリームを変えたり…手作りならではの遊び心をプラスしてみましょう。

■シュークリーム界を凱旋中!2つのビッグトレンド
定番カスタードシューが美味しい事はもちろんですが、現在のシュークリーム業界には二つのトレンドがあるそう。
一つ目はラグジュアリシュークリーム。日本でもクロッカンシュー・高級エクレアが飛ぶように売れています。
二つ目はお食事用シュークリーム。「Straits Times」によるとシーフードやサラダを挟んだサンドウィッチのようなシュークリームが海外で流行り始めています。
今回は第一のトレンドの代表格、ざくざくクロッカンシューのレシピをご紹介致します。ぜひお家で出来立てを味わって!

<基本のレシピ:とろり溢れるカスタード・クロッカンシュー>
■材料 (約10個分)
三温糖 90g
薄力粉 75g+70g
アーモンドプードル 15g
無塩バター 40g+60g
水 125g
卵 125g
カスタードクリーム 500g
アーモンド 適量
■作り方
1.~クッキー生地の作成~三温糖・薄力粉(150g)・アーモンドプードルをボウルにふるい合わせる。更にバター(85g)を加え、ハンドミキサーでゆっくり混ぜ合わせる。
2.ラップの上に生地を置き、もう1枚のラップで挟む。薄く綿棒で伸ばしたら、冷凍庫で凍らせる。
3.~シュー生地の作成~水・バター(125g)・塩(2.5g)を小鍋に入れ、中火でバターが溶けるまで煮込む。
4.バターが溶けたら小鍋の中身・薄力粉(140g)をボウルに入れ、ハンドミキサーでしっかりと混ぜる。ひとまとまりになったら、ラップをして冷蔵庫で20分休ませる。
5.シュー生地を冷蔵庫から取り出し、絞り袋に入れて直径約4cmくらいに絞る。凍らせておいたクッキー生地も冷凍庫から取り出し、直径5cm程の型でくり抜く。シュー生地の上にクッキー生地を凍ったまま乗せ、最後にアーモンドを散らす。
6.200℃に余熱したオーブンで10分、180℃に下げて20分焼く。焼きあがった生地は室温になるまで冷ます。
7.シューの裏からクリームを詰めたら出来上がり!

<アレンジレシピ:キャラメル風味のさつまいもクリームシュー>
■材料
マスカルポーネ 100g
生クリーム 120g
さつまいもピューレ 100g
グラニュー糖 60g
塩 2つまみ
シュー生地 6-7個分
■作り方
1.マスカルポーネ・さつまいもピューレをボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
2.砂糖を小鍋に入れ、中火にかける。キャラメル状に溶けたら火を止める。(気泡が出てきたら焦げる寸前なので、火を止める。)
3.キャラメル状のグラニュー糖・塩・生クリームをボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
4.最後にホイップクリーム・マスカルポーネクリームをゆっくりと混ぜ合わせたら出来上がり!

<アレンジレシピ:リキュール薫る・アイリッシュ風味のクリームシュー>
■材料
ホワイトチョコレート 90g
アイリッシュクリーム 大さじ3
卵白 2個分
グラニュー糖 大さじ2
生クリーム 1/2カップ
シュー生地 6-7個分
■作り方
準備:ホワイトチョコレートは刻んでおく。
1.ホワイトチョコレート・アイリッシュクリームはボウルに入れ、湯煎で溶かす。
2.卵白は角が立つまでよく混ぜわせる。徐々にグラニュ糖を加え、混ぜ合わせる。
3.生クリームも角が立つまで泡立てる。
4.ホワイトチョコ・卵白・生クリームを全て混ぜ合わせたら出来上がり!

時間が経つにつれてザクザク感が弱まり、普通のシューになるため要注意。
アーモンドの量は多すぎてもいけないため、試行錯誤が必要かもしれません。

「THE STRAITS TIMES」
http://www.straitstimes.com/lifestyle/food/sweet-meets-savoury
「hint of vanilla」
http://www.hintofvanillablog.com/home/2016/3/28/strawberry-passion-fruit-and-yogurt-cream-puffs
「baking a moment」
http://bakingamoment.com/irish-cream-profiteroles/
「EDIBLE IMAGINATION」
http://www.edibleimagination.com/toffee-apple-style-sweet-potato-choux/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。