ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【簡単レシピ】チーズがとろ〜り、ツナ缶とパスタで作る「ツナパスタベイク」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

茹でたショートパスタにツナ入りのソースを絡めて、チーズをかけて焼き上げた「ツナパスタベイク」。寒い日にぴったりのイギリスの家庭料理です。ラザニアよりも簡単に作れてバリエーションも楽しめる、ツナパスタベイクを作ってみましょう。


材料(3〜4人分)
ショートパスタ・・・180〜200g
ブロッコリー・・・1/2株(約200g)
ツナ缶・・・2缶(約160g・水煮)
※チーズ・・・50g(チェダーやモツァレラ、パルメザンチーズ、ピザ用チーズなど1〜2種類)
パルメザンチーズ1種類の場合は、20〜30gでOKです。

ホワイトソース
バター・・・40g
玉ねぎ・・・小1コ
小麦粉・・・20g
牛乳・・・600cc
塩、コショウ・・・適宜

作り方
1. ブロッコリーは小房に分ける。鍋に水を張り、沸騰したらブロッコリーを入れて2〜3分茹で、耐熱皿に移します。※同じ湯でショートパスタを茹でるので、水は捨てないようにしましょう。
2. ブロッコリーを取り出した鍋に塩を加え、沸騰したらパスタを茹で始めます。パッケージの目安時間よりも若干早めにザルにあける。
3. パスタを茹でている間にホワイトソースを作ります。深さのあるフライパンを中火にかけて、バターと薄切りにした玉ねぎを炒めます。5分ほど炒めて玉ねぎがしんなりしてきたら、小麦粉を加えて玉ねぎに絡むよう1分ほど炒めます。牛乳を3回に分けて加え、そのつど木べらでよく混ぜる。最後の牛乳を混ぜ終わったら、とろりとしたソース状になります。塩・コショウで味を調えましょう。
4. 3のホワイトソースを弱火にして汁気を切ったツナを加えてよく混ぜたら、パスタ、ブロッコリーを加えて全体にソースをよく絡める。味見してみて、塩気が足りないようであれば調味料で味を調えます。
5. 大きめの耐熱皿(なければグラタン皿2枚分)に移して、チーズをかけたら、210℃に予熱しておいたオーブン上段で10〜15分間、香ばしい焼き色がつくまで焼く。


いくつかの工程がありますが、基本的には茹でたブロッコリーとパスタを、ツナ入りのホワイトソースで絡めてチーズをかけて焼くだけです。ホワイトソースは玉ねぎと小麦粉を炒めることで、ダマになりにくくなりますよ。

次はツナベイクのアレンジやバリエーションをご紹介!

■あわせて読みたい

【簡単レシピ】10分で本格的! 赤ワインに合う「キノコのクリームパスタ」
【レシピ】急な来客でもあわてない!保存食材で簡単にできる大人パスタ

トマトソースで作っても! ツナベイクのバリエ


ツナベイクはホワイトソースの代わりに、トマトソースで作ることもあります。市販のトマトソースを使えば、とてもカンタン! 使うショートパスタはペンネでも、フジッリでも、マカロニでもOKですし、野菜もブロッコリーの代わりにキャベツ、トマトソースにはパプリカやオリーブを合わせても。冷蔵庫に余っている材料と相談しながら、オリジナルの1品を作ってみましょう。

工夫次第でさまざまなバリエーションが楽しめるツナパスタベイク。サラダとパンを添えれば、夕食の完成です。ワインにもよく合うホワイトソースのベイクは、白・赤どちらを合わせてもおいしくいただけますよ。マグカップで簡単に作れる「【レンジで6分!】マグカップで完成、ほっこり幸せマカロニチーズ」もぜひチェックしてみてくださいね。

[レシピ制作:sweetsholic]
[All Photos by Shutterstock.com] 

■あわせて読みたい

【簡単レシピ】10分で本格的! 赤ワインに合う「キノコのクリームパスタ」
【レシピ】急な来客でもあわてない!保存食材で簡単にできる大人パスタ

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。