ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焼肉芸人が語る「みんなが知らない焼肉の秘密」とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

牛一頭を丸ごと買って食べた」などの逸話を持ち、芸能界一の肉通として知られている寺門ジモンさん。そのジモンさんに勝るとも劣らない「肉に対する熱意」を持ったお笑い芸人がここにいる。今回はサンミュージック所属のお笑いコンビ「マンマーレ」の松口さんが、焼肉に関する目から鱗な知識を教えてくれた。

焼肉が好き過ぎてバイトを4軒掛け持ち

焼肉が好き過ぎてしまった為に、お笑い芸人として活動する傍らで、焼肉屋のバイトを4件掛け持ちしているという松口さん。バイト先の全てが焼肉屋で、新宿にある2店舗、神田に1店舗、六本木の1店舗の計4箇所で働いているという。働き始めたきっかけは、初めは客として店を訪れ、食事を終えた後に、ふと、「この店でバイトしたら、まかないで肉も食えるし、安くなったりするんじゃないか」と閃いてバイトに応募。それからしばらくして、オーナーである社長さんと知り合り、「ウチで働けよ」と引き抜かれて、六本木のお店で働くようになったのだとか。

焼肉を食べると◯◯が上がる?

そんな「焼肉大好き芸人」である松口さんは、焼肉に関する雑学にも精通して、例えば、これは医学的にも証明されている話らしいのだが、牛肉にはカルニチンという成分が含まれていて、食事をして体内に取り込むことによって、その効果で皮膚が熱を帯びるようになり、感度が高められるのだそう。赤身の肉を食べると、感度が増す。

 

だから、デートをして、晩御飯に焼肉を食べて、朝ホテル行ったら、良い感じの夜を過ごせますよ」と松口さんは力説してくれた。ちなみに、鶏や豚ではなく、牛だけにその成分が豊富なのだそう。

ダイエットしたいなら、焼肉!?

意外過ぎる事実かも知れないが「実は、焼肉にはダイエット効果があるんです」と、にわかには信じ難い一言を呟いた松口さん。詳しく伺ってみると、焼肉の中でも「赤身」肉を取り上げてみると、その名前の通り、鉄分や、カルニチン、牛にしか含まれていない成分などが豊富であり、それを食べることによって新陳代謝が良くなり、発汗作用が働いて、ダイエットにもなるのだそう。

 

焼肉を食べたら太る」というのは半ば常識のようになってしまっているが、その実態は肉自体ではなく、共にご飯を、炭水化物を食べてしまうことに原因がある、つまり、肉だけを食べていたらそんなに太ったりはしない。むしろ、痩せる筈なのだそう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP