ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お値段39万円!ゲーミングノートPCはRazer Blade ProはVRにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Razerは、ハイスペックなゲーミングノートPC「Razer Blade Pro」の新モデルを発表した。

・至れり尽くせりな機能

CPUは第6世代クアッドコアInter Core i7-6700HQを採用。16GBの高速デュアルチャンネルDDR4 2133MHzメモリーと、最大512GBのPCIe接続SSDソリッドステートストレージにより、これまでにない起動速度とゲーム立ち上げ速度が可能となった。

加えて、キーボードには「Razer Chroma」が搭載されており、各キーは1680万色のカスタマイズが可能。さらにはUltra-Low-Profileメカニカルスイッチを採用し、より迅速な反応速度を実現した。いずれも、最新のゲームをプレイするにはありがたい性能だ。

・VR Ready対応

17.3インチの4Kディスプレイ(3840×2160ドット)は、UHD+タッチ対応のIGZO液晶を採用している。
写真やビデオコンテンツを編集するのにも打ってつけと言える。

グラフィックスコアは、ヴィジュアル・コンピューティングを牽引するNVIDIAのVR(ヴァーチャルリアリティ)推奨要件「VR Ready」にも対応したGeForce GTX 1080を搭載。高度なグラフィックスと超高速処理を実現している。

Oculus RiftだろうがHTC Viveであろうが、フルスピードで稼働させても何の問題もない。これだけの性能を詰め込みながら、厚みはわずか1.8cmとコイン以下の薄さ。持ち運びも容易だ。

値段は3699ドル(約39万円)と少々高めだが、ゲーマーにとって魅力的な選択肢になるのは間違いない。

購入者には人気の音楽制作ソフトFL Studio 12が無料で利用可能という特典も付いている。今月からアメリカで発売開始だ!

Razer Blade Pro

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。