ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

溶接までできる本格派! 鉄 × 古材のハイスツールを自作する「一日鉄家具職人」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ichinichi-tetsukagu_00

鉄家具職人がマンツーマンで指導

2016年11月30日(水)と12月7日(水)、岐阜県関市の杉山製作所にて、「一日鉄家具職人」が開催されます。

鉄フレームと杉古材を組み合わせたハイスツールを自分で作る体験型イベント。製作するのは、杉山製作所が手掛ける家具ブランド・tetsu.co(テツコ)「FACT(ファクト)」シリーズの「ハイスツール」。鉄加工の専門技術を持つ杉山製作所の鉄家具職人によるマンツーマンの指導を受けながら、自らの手で製作していきます。

所用時間はおよそ4時間。材料加工や溶接組立、そしてバリ取りの仕上げと検査まで、職人とほぼ同じ工程を行い、後日、塗装されたものがご自宅に届きます。

家具製作のワークショップは数あれど、ここまで本格的な鉄の加工を伴うものはレア。本気度が高い分、完成後の達成感もスツールへの愛着もきっと段違い。各回3名と少人数制なので、気になる方はお早めにお申し込みください。

ichinichi-tetsukagu_01

ichinichi-tetsukagu_02

ichinichi-tetsukagu_03

一日鉄家具職人

日時:2016年11月30日(水)・12月7日(水) 13:00~17:00

会場:杉山製作所/岐阜県関市旭ヶ丘3-13

定員:各回3名

対象:18歳以上

持ち物・服装:作業がしやすく、汚れても良い服装と運動靴 ※軍手支給

参加費:3万5000円(税込)

申込み期間:2016年12月4日(日) ※先着順、定員になり次第締め切り

申込み方法詳細:http://www.sugiyamaseisakusho.jp/images/top-news/event20161019.pdf

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

地元アイテムが山陽新幹線車内で買える「走る日本市」、第2弾は京都・奈良編
35年目の老舗家具展「木の家具展」今年も開催、約200点の作家作品を展示
業務用食器のデッドストック、B品を集めた「ホテルレストランウェア せともの市」開催中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。