ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

35年目の老舗家具展「木の家具展」今年も開催、約200点の作家作品を展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野崎健一作品

フルオーダーの相談受付も

2016年11月8日(火)から11月14日(月)まで、東京・八重洲の「田中八重洲画廊」にて「2016 木の家具展~使い続けて つながるもの~」が開催されます。

1982年から毎年開催されている老舗の家具展で今年で35年目。独自の家具作りに取り組む木工家や工房5組の作品約200点が展示され、今年のテーマである「使い続けて つながるもの」に沿って制作した作品が出品されるほか、フルオーダーの相談も受け付けています。

椅子、テーブル、飾り棚などの家具類から器や額、仏壇、小物類などまで幅広いジャンルが揃うのが本展の魅力。また期間中は出品者一同が在廊しているため、気になる作品があれば直接作家と対話することもできます。

大手家具メーカーやデザイナーズ家具とはまた違った魅力のある工房家具。35年にわたってその魅力を発信し続けている「木の家具展」にぜひ足を運んでみてください。

左:井崎正治作品

右:谷進一郎作品(撮影:乾剛)

任性珍・大石祐子作品

2016 木の家具展~使い続けて つながるもの~

会期:2016年11月8日(火)~11月14日(月) 11:00~19:00 (最終日14:00まで)

会場:田中八重洲画廊/東京都中央区八重洲1-5-15

出品作家:井崎正治(愛知県) / 川口清樹(長野県) / 谷進一郎(長野県) / 野崎健一(東京都) / 任性珍・大石祐子(群馬県)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

地元アイテムが山陽新幹線車内で買える「走る日本市」、第2弾は京都・奈良編
業務用食器のデッドストック、B品を集めた「ホテルレストランウェア せともの市」開催中
溶接までできる本格派! 鉄 × 古材のハイスツールを自作する「一日鉄家具職人」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP