ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

創業300周年の集大成! 中川政七商店による「奈良博覧会」は今週末まで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特設テント内には巨大やぐらが出現。

奈良県初・中川政七商店の全ブランドが一堂に

2016年11月1日(火)から6日(日)までの6日間、奈良県奈良市の奈良公園・浮雲園地にて、大日本市博覧会 第五回「奈良博覧会」が開催されています。

日本の工芸品を扱うライフスタイルショップ・中川政七商店は、「大日本市博覧会」をこれまで東京、岩手、長崎、新潟の全国4カ所で開催してきました。そして、そのフィナーレを中川政七商店創業の地・奈良で飾ります。

本イベントでは、工芸・食・芸能など、奈良のさまざまな魅力を感じられるコンテンツが数多く登場。会場内には巨大なやぐらが組まれ、工芸マーケットが開かれます。

工芸マーケットでは、「中川政七商店」「遊 中川」「日本市」など中川政七商店の全ブランドが奈良県で初めて一堂に会するほか、会場限定アイテムや300周年記念商品、奈良県内でしか手に入らない商品も揃います。

食のコンテンツも充実し、奈良県内の食品メーカー3社と中川政七商店が共同開発した新商品を初お披露目。常設の「奈良の飲食コーナー」には奈良県内の人気飲食店が出店するほか、人気マルシェ「HJ MARCHE」では地元の新鮮な野菜や焼き菓子、パンなどが並びます。

中川政七商店が総力を挙げて伝える奈良の魅力を満喫してみてください。

奈良公園の浮雲園地にテントを特設し、開催中。

左:縞や格子の麻生地に鹿を大きくプリントした限定の「鹿のエコバッグ」2700円(税別)。全4柄、数量限定。

右:生産量全国一位を誇る靴下の産地、奈良で作られる「2&9」の「しめつけない足袋靴下(水玉茶)」1500円(税別)。履き口を折り返すと、鹿の背の斑点のような水玉が現れ、足先がまるで鹿のようになる遊び心あるデザインです。

奈良・東吉野村で坂利製麺所が作る国産小麦の手延べ素麺より、熱湯3分・カップサイズが新登場。

奈良最古の製茶問屋・北田源七商店が、老舗の経験を活かし、今年一番の合組によるお茶をお届け。

奈良で40年、自家焙煎の珈琲豆を喫茶店やカフェに卸している奈良藤枝珈琲焙煎所から、新ブランドがデビュー。

常設の「奈良の飲食コーナー」には、奈良市月ケ瀬のたつみ茶園をはじめ、県内の人気飲食店が出店。

大日本市博覧会 第五回「奈良博覧会」

会期:2016年11月1日(火)~6日(日)

会場:奈良公園 浮雲園地/奈良県奈良市春日野町23-2

常設店舗:たつみ茶園(お茶/月ヶ瀬)、奈良藤枝珈琲焙煎所(珈琲/大和郡山市)、ナナツモリ(焼き菓子/上牧町)、MIAʼS BREAD(パン/奈良市)、堀内果実園(ジュース/西吉野町)

出店日限定店舗:MAHO-ROBA(お弁当) 3日(木・祝)、5日(土)、6日(日) 10:00~

だいどころ飛鳥(お弁当) 3日(木・祝)、6日(日) 10:00~

カヌレ堂 CANELE du JAPONʼ(焼き菓子) 3日(木・祝)、5日(土)、6日(日) 13:00~

▽ワークショップ

・鹿コロコロ絵付け体験

創業三百周年を機に「これから百年後に残る郷土玩具」を目指して誕生した「鹿コロコロ」。製作を手掛ける「たんぽぽの家アートセンター HANA」から講師を迎え、絵付けを体験いただきます

日時:11月6日(日) 15:00~16:30

▽トークイベント

「中川政七商店のひみつ」

ゲスト:水野学氏(good design company 代表取締役)

日時:11月5日(土) 14:00~15:00

会場:奈良春日野国際フォーラム甍 ~I・RA・KA~ レセプションホール1

「奈良の工芸」

ゲスト:岡本彰夫氏(元春日大社権宮司) × 中川淳(中川政七商店 十三代)

日時:11月6日(日) 13:00~14:00

会場:奈良春日野国際フォーラム甍 ~I・RA・KA~ レセプションホール1

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

地元アイテムが山陽新幹線車内で買える「走る日本市」、第2弾は京都・奈良編
35年目の老舗家具展「木の家具展」今年も開催、約200点の作家作品を展示
業務用食器のデッドストック、B品を集めた「ホテルレストランウェア せともの市」開催中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP