ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CAが教える接客英語!これで、かっこよく対応できること間違いなし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

訪日外国人の数が年々増加する中、自分の仕事先にも海外からのお客様が…!英語で接客しなきゃ、どうしよう!そんな経験がある方も増えてきたかもしれません。

「ちゃんと話せなかったな…もっときちんと説明したかったのに…」
「あのイケメンと、もっと仲良くなりたかったなぁ…」

そんな悔しい思いをした、そこのあなたもこれで大丈夫!基本的で且つ仲良く慣れちゃう接客英語を、外資系CA歴7年の筆者がお伝えします!今回の設定は、居酒屋にしてありますが、他のお店でも応用ができるような内容になっています。

 

Welcome!!-入店-

「いらっしゃいませ!」

もしこれがお店の掛け声であれば、そのまま使いましょう!元気な掛け声は海外のレストランにはあまりないので、日本の飲食店の名物のひとつでもあります。そうでない場合、またはお客様の近くまで行き人数を聞きたい場合は続けて、

Hello, how are you?

このhow are you? は「いらっしゃいませ」のイメージなので、さらっと流す感じで 言いましょう。お客様から”good. thanks, and you?”などと聞き返されることもあるかもしれませんが、真剣に”Oh, I am tired…”などと答える必要はありませんよ。

もっと短く済ませたい場合は、Hello, (a table) for two? -いらっしゃいませ、2名様ですか?これだけでもOKです。

 

ここからはよくある流れで見ていきましょう。

何名様ですか?
How many of you?

喫煙席と禁煙席どちらがよろしいですか?
Would you like a smoking or non smoking table?

只今満席なのですが…
It’s full now…
All tables are occupied now…
No table is available right now…

関連記事リンク(外部サイト)

「通じる英語」を話すための5つのポイント
英語から逃げるのは終わり!LINE@で旅と英語を学ぼう
ベトナム旅行で使える便利なベトナム語フレーズ20選
【最近大人気の留学先!】フィリピン留学で本当に英語が話せるようになるの!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP