体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界を飛び回る“リーマントラベラー”推薦「会社員でも気軽に行ける“週末海外旅行”プラン」

「海外旅行」は、多くのビジネスパーソンにとってなかなかハードルが高いもの。「何年かに一度、夏や冬の長期休暇中にお金を貯めて行く」というスペシャルなイベントと位置付けている人が多いのではないだろうか。

そんな中、広告代理店の営業として働きながらも、頻繁に「週末海外旅行」を楽しんでいる東松寛文さん。この10月からは毎週末海外に出かけており、12月までに全大陸制覇を目指しているという。

そんな東松さんが「旅に出る理由」を前編でご紹介したが、後編となる今回は、彼が「会社員でも気軽に行けて、かつ非日常を体験できる」と太鼓判を押す、週末海外旅行のプランを伺った。さっそく来週末にでも、いかがだろうか?

f:id:itorikoitoriko:20161104152920j:plain

“リーマントラベラー”東松寛文さん

土日さえあれば、海外旅行は十分楽しめる!

一般的に、海外旅行を気軽に楽しむは「時間」「お金」「語学力」がネックと思われているが、「いずれもそこまでハードルが高いものではない」と東松さんは断言する。

「特に『時間』はハードルが高くありません。土日の2日間あれば、『韓国』や『台湾』といった近場ならば十分に楽しめます。この2国の特徴は、食事がおいしいことと、マッサージやエステといったリラクゼーションを楽しめること。例えば1日目はとにかくグルメを楽しみまくり、2日目はリラクゼーションで癒されれば、翌日の出社も辛くはありません。韓国では1日目の夜にクラブで遊ぶのもオススメ。台湾は、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』で主人公、千尋が働く湯屋のモデルになっていると言われる『九份』の建物を見に行くのもいいですね」

『シンガポール』や『タイ』もアリですね。金曜日の夜に羽田発の深夜便が出ているので土日をフルに使えます。例えば金曜日に退社後、荷造りして羽田に行けば、土曜日の朝にはシンガポールの『マリーナベイ・サンズ』の天空のプールで泳げますよ」

連休を待たずとも、「普通の週末」に、気軽に海外旅行に出かけることは十分可能なのだ。

「プラス1日」あれば、選択肢はぐんと広がる!

f:id:itorikoitoriko:20161104152923j:plain

▲タイ・パンガン島で行われているフルムーンパーティーに参加(2015.12)

土日に有給休暇を1日加えれば、選択肢はぐんと広がる。東松さんのオススメは、『フィリピン』のボラカイ島と、『タイ』のサムイ島だ。

「この2島を挙げた理由は、直行便がなく乗り換えが1回必要なので、日本人がぐんと減るから。“非日常”を体験してこそ、短い期間であっても満足度が上がるんです。ボラカイ島は、3キロにわたるホワイトビーチにホテルや飲食店などが立ち並び、ビーチのソファでゆっくりお酒を飲んだりして寛げます。サムイ島は青い海と豊かな自然が魅力。近くにあるパンガン島で満月の夜に開かれる『フルムーンパーティー』にあわせて行くのが特にオススメです」

『フィリピン』は、ディマクヤ島もオススメ。ビーチは白砂で海は真っ青、そして島周辺はシュノーケリング、ダイビングスポットとして人気ですが、野生のジュゴンに会えるツアーがあるんです。遭遇率は約60%と高く、もし会えたらこれぞ非日常!これがわずか3日間の旅行で体験できるんです。ちなみに僕は、残念ながらジュゴンに会えませんでしたが、十分リフレッシュできました」

「気合いを入れれば、3日間でもチャレンジできる!」というのは、「インド」、「ドバイ」、「オーストラリア」。日本からの直行便が出ており、距離的にもギリギリ3日間で楽しめるという。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会