ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンガ家・東村アキコのすべてに迫る!「東村アキコ原画展」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


横手市増田まんが美術館蔵
(c)東村アキコ/講談社/集英社/小学館

マンガ家の東村アキコ原画展が、明治大学米沢嘉博記念図書館にて開催中。会期は2017年2月12日まで。

ファッション、育児、アラサー、おたく女子、芸能界、歴史、探偵ものなどの様々な題材を、講談社・集英社・小学館というマンガ三大出版社で連載中のマンガ家・東村アキコ。
本展では、東村アキコの代表作原画を4期に分けて特集。数々のヒット作を抱負な原画を通して紹介しながら、後進の指導育成にも尽力する彼女の、突出したプロデュース力にも迫る。

第1期のテーマは、“東村アキコのルーツを探る”。「かくかくしかじか」や「ひまわりっ~健一レジェンド~」を特集し、2016年10月7日(金) から 10月31日(月)まで開催される。
第2期は“少女マンガ家・東村アキコ”。「海月姫」「きせかえユカちゃん」を特集し、11月3日(木・祝) から 11月28日(月)まで。
第3期は“東村アキコの多様性”。「ママはテンパリスト」「メロポンだし!」「主に泣いてます」「美食探偵 明智五郎」を特集し、12月2日(金) から12月25日(日)まで。
第4期は“東村アキコの現在 ―女子よ、自分の足で立て!―”。「東京タラレバ娘」「雪花の虎」を特集し、2017年1月13日(金) から2月12日(日)まで開催される。
さらに、各期共通展示として、東村プロ出身マンガ家を紹介するコーナーや、横手市増田まんが美術館での東村アキコ原画展開催時に描かれた東村キャラ大集合原画「東村アキコオールスターズ」の展示、そのイラスト制作風景の映像も上映する。

東村アキコ原画展
■会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
■期間:2016年10月7日[金]~2017年2月12日[日]
※特別整理などで休館する場合があります。
HPで確認、または開館日時に電話にてお問い合わせください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP