ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今から足のケアを始めて嫌な臭いをシャットアウト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今から足のケアを始めて嫌な臭いをシャットアウト

ブーツが恋しくなる季節となりました。履けば暖かくポカポカ、幸せな気分になりますが、そこで気になるのは足のムレです。ブーツの中は高温多湿となり、足が臭いやすくなる環境を作ってしまいがちです。一度臭い始めると解消するのに時間がかかりますが、今から始めておけば臭い知らずで過ごせるでしょう。そんな臭い対策についてご紹介しましょう。

足の臭いの原因はかいた汗を放置すること

足の裏は顔や腋(わき)同様に、とても汗をかきやすい場所です。その汗の量は1日にコップ一杯とも言われています。例えば腋に密集するアポクリン腺から出される汗は、臭いの元となるタンパク質や脂質、アンモニアを多く含むのに対し、足の裏に多くあるエクリン腺から出される汗の99%は水分であり、臭わない汗なんです。だから足が臭う原因は汗そのものではなく、汗が出たあとに長時間放置してしまうことにあります。靴の中は高温になりやすく、汗の水分で湿気が増え蒸れやすくなります。すると靴や靴下は汚れてしまいます。そのまま放置すると足の常在菌が増えて、汗や皮膚などを分解し悪臭となる成分を作り始めるのです。その悪臭成分の一つに挙げられる「イソ吉草酸」は、チーズや納豆の臭いと例えられる成分ですが、悪臭防止法の規制対象ともなっているほどなのです。

水虫の可能性

臭いやすくなる高温多湿な環境は、仕方がないと放っておくと、水虫を招く原因ともなるので注意が必要です。水虫は水虫菌に感染することで起こりますが、高温多湿で不潔な状態にしているほど感染しやすくなります。水虫になると足が臭いやすくなるのは、感染して皮膚が弱ったところに雑菌がわいて、臭いを発するようになるからです。足が臭う場合は、水虫が原因となっている可能性もあります。

いやな臭いを招かないためには

足の臭いを防ぐためには、普段から足を清潔に保ち、できるだけ乾燥させることが第一です。毎日同じ靴を履かないようにして、履いたら乾燥させるようにする。また靴は1日中履きっぱなしでいるのを避けて、仕事中は靴を脱いだり別の靴に履き変えると良いでしょう。ストッキングは吸湿性が悪く臭いを発する元となりやすいので、ブーツの時は靴下を履くようにし、またパンプスを履く時は消臭効果のある中敷を入れると良いでしょう。足のムレが気になる時は、こまめに靴下やストッキングを変えることも臭いの防止になります。
足の臭いがあると、周りの視線が気になり仕事に集中できなくなります。足や靴に臭いがついてしまう前に、今からケアしておきましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。