ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胸に突き刺さる……流行に関係なく、何十年後に聴いても“名盤”と呼べるアリシア・キーズ最新作(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前作『ガール・オン・ファイア』(2012年)から、4年ぶり、通算6作目となるスタジオ・アルバム『ヒアー』を、2016年11月4日にリリースした、アリシア・キーズ。70年代風のアフロヘアに、ほぼノーメイクという、黒人らしさを強調したジャケット・アートのイメージそのまま、生音重視の黒く重い作品に仕上がっている。

 10月7日に先行シングルとしてリリースされた「ブレンデッド・ファミリー」は、人気ラッパー、エイサップ・ロッキーをゲストに迎えた、90年代のヒップホップを彷彿させるナンバー。シングル曲としてはインパクトに欠けるが、もはや“シングルの大ヒット”は、意識していないようにも思える。それだけ、アルバムの内容に自信があるということだ。

 対照的に、今年5月に発売された「イン・コモン」は、ダンスホールやラテン・ハウスのようなダンストラックで、ミュージック・ビデオの再生回数が1600万回を超えるなど、反響も大きかったが、本作の核となるのは、こういった大衆受けするナンバーでなく、アコースティック・ギターのイントロから始まる「ホーリー・ウォー」や、ローリン・ヒルを意識したようなストリート感覚の「ザ・ゴスペル」など、古き良きソウルと、現代のR&Bが調和したような、地味だが質の高いタイトルだろう。

 今作も、全曲アリシアが手掛け、プロデューサーには、インディア・アリーやデイヴ・マシューズ・バンドなどを手掛け、彼女の3rdアルバム『アズ・アイ・アム』にも参加した、マーク・バトソンや、R&Bシンガー、ザ・ウィークエンドの「ザ・ヒルズ」をNo.1に送り込んだイランジェロ、サム・スミスやマドンナ、エリー・ゴールディング等のヒット曲を担当する、ジミー ネイプスが参加している。

 アリシア曰く、今作のテーマは“原点回帰”。キャリアのスタートである、2001年のデビュー作『ソングス・イン・Aマイナー』に、勝るとも劣らない完成度の高さであることは間違いない。鍵盤から紡ぎ出す繊細な音と、社会に対する思いや、愛についてをソウルフルに歌うアリシアのボーカルが。胸に突き刺さる。流行に関係なく、何十年後に聴いても“名盤”といえるエバーグリーンなアルバムだ。

Text:本家一成

◎リリース情報
『ヒアー』
アリシア・キーズ
2016/11/4 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/XMjDWl

関連記事リンク(外部サイト)

アリシア・キーズ、NYCが舞台のショート・フィルム『The Gospel(原題)』をリリース
アリシア・キーズがジェイ・Zとタイムズスクエアで生共演
アリシア・キーズ、4年ぶりの新作AL発売決定!エイサップ・ロッキー参加の新曲も解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP