ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作インディゲームRPG『UnderTale』 公式日本語版が2017年配信予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年11月4日、名作インディゲームRPG『UnderTale』の制作者TobyFox氏のTwitterアカウントにて、公式による日本語版配信のアナウンスがなされた。

アナウンスによると、ローカライズに特に支障がなければ、2017年内には日本語版の配信が行われるとのこと。配信元となるパブリッシャー情報や形式などは現在不明となっている。

We’re still working on the official Japanese translation of UNDERTALE. We’ll try to release it in 2017. Unless something goes wrong.

— tobyfox (@tobyfox) 2016年11月3日

『UnderTale』はTobyFox氏率いるチームに制作された海外RPGであり、2015年9月15日に公式サイト、およびゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて販売が開始された。Steamでは2016年11月現在、ユーザーによる60000件以上ものレビュー評価が寄せられ、それら評価の96%以上が「好評」という、非常に高い人気を得ているゲームだ。
 

 
ここからは、『UnderTale』の概要を紹介しよう。かつて地球では人間とモンスターが共存しており、ある日、互いに衝突して戦争が起きてしまう。長い戦いの後に人間側が勝利して、モンスター達を魔法により地底へと封印する。
 
物語の舞台は、それから長い時を経た201X年。主人公となる子供は、とある山に登っていたが、この山には「登った者は二度と帰ることができない」という言い伝えがあった。うっかり穴に落ちてしまった子供は、モンスター達が生息する地下世界へ入り込むことになる……。というのがあらすじだ。
 

 
もぐらゲームスでは、下記のレビューにて極力ネタバレを排した紹介を行っている。レビューでは登場キャラクターの詳細や冒険のワンシーンなどについて全く触れていないが、未プレイの方へ向けて『Undertale』の魅力をこの上なく堪能してほしいからである。とにかく、ゲームに登場するありとあらゆるものを初めて目にしたときのインパクトが強い作品なのだ。

名作インディーRPG『Undertale』は、「モンスターを倒す」ことの意味を問い掛ける
 
少しでも興味を持った人は、事前情報をなるべく集めずに、まず作品をプレイしてみることをおすすめしたい。

[基本情報]
タイトル:Undertale
制作者:Toby Fox
クリア時間:1プレイ5時間程度~8時間程度
対応OS:Windows,Mac OS X
価格:980円($9.99)

ダウンロードはこちらから
【公式サイト】http://undertale.com/
【Steam】http://store.steampowered.com/app/391540/?l=japanese

(関連記事)
Steamハロウィンセール開催中!おすすめインディゲーム18選
Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開

関連記事:

Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開
Steamハロウィンセール開催中!おすすめインディゲーム18選
『ゼルダ』「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』。世界観を彩るサントラが配信!

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP