ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】戦時中「街」を奪われたワルシャワへ / 1980年世界遺産に登録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

16世紀末以降、ポーランドの首都となったワルシャワ(Warsaw)。大戦下で建物も遺跡も破壊された街は、約70年経った今はそれがまるで無かったかのように、すっかり生まれ変わっています。

・ポーランドってどんな国?
2016年1月、初めて成田(東京)との直行便が就航したポーランド。2015年は4万1000人の日本人が訪れたそうですが、直行便があるため、日本人にとってより身近な国となりました。

しかしその歴史のほかに、そもそもポーランドはどんな国かイメージしにくい人も、きっと少なくないはず。今回、筆者も初めて訪れることとなったワルシャワ。いったいどんな風景が広がっているのか、好奇心とともに出かけました。

・一度は“焼野原”となったエリアへ
現地の方も「ここは特別美しい」とおすすめする“旧市街(Stare Miasto)”へ、まずはじめに足を運びました。石畳の道や、2~3mの高さの城壁に囲われた一帯はおごそかな雰囲気すら漂い、軒を連ねる建物のカラフルな色彩を圧倒するよう。

実はこのエリアは、1944年第二次世界大戦のワルシャワ市街戦の戦地となったエリアで、そのときに、クラクフからワルシャワへ遷都された16世紀末から残っていた街並みはすべて破壊されたといいます。

・市民の手により取り戻した、首都の風景
しかし大戦が終わって早々、首都の復興のため、ワルシャワ市民は立ち上がりました。過去の資料だけでなく住民の記憶もあわせて、外壁のヒビやレンガのひび割れひとつにいたるまで、街のほぼすべてを復元。数十年もしないうちに、大戦以前の風景をそのままに“再生”したのです。その市民の「不屈の熱意」が評され、この一帯は1980年世界遺産に登録されました。

「街を取り戻す」――そんな市民一人ひとりの切望のもと取り戻した旧市街。訪れるさいは、じっくり時間をとって街を歩くのがおすすめです。

もっと詳しく読む: 戦時中「街」を奪われたワルシャワへ / 1980年世界遺産に登録(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/11/04/warsaw-sightseeing/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP