ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】KinKi Kids『道は手ずから夢の花』が13万枚超で首位! 2位は解散を発表している℃-uteのトリプルA面シングル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年10月31日~11月3日までの集計が明らかになり、KinKi Kidsの37枚目のシングル『道は手ずから夢の花』が13万枚超を売り上げて首位に立っている。

 『道は手ずから夢の花』は、7月にリリースされた『薔薇と太陽』に続くKinKi Kids20周年year第2弾シングルとなり、シンガーソングライターの安藤裕子書き下ろしによるもの。11月2日にファイナル公演を迎えた17年ぶりのアリーナツアー【We are KinKi Kids Live Tour 2016 TSUYOSHI & KOICHI】にて初披露された新曲がシングルリリースされた形となった。

 2位には、℃-uteのトリプルA面シングル『夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~』が入った。℃-uteは2017年6月のさいたまスーパーアリーナ公演をもって解散することを発表している。

 3位は、5人組男性ダンスグループ、Da-iCEの10thシングル『恋ごころ』。4thシングル『もう一度だけ』以来のバラードソングでクリスマス盤を含む全4形態でのリリースとなった。4位にはでんぱ組.inc『最Ψ最好調!』、5位にはXOX『Skylight』が入った。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年10月31日~11月3日までの集計)
1位:『道は手ずから夢の花』KinKi Kids 137,292枚
2位:『夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~』℃-ute 90,221枚
3位:『恋ごころ』Da-iCE 42,589枚
4位:『最Ψ最好調!』でんぱ組.inc 22,556枚
5位:『Skylight』XOX 14,661枚

関連記事リンク(外部サイト)

関ジャニ∞超特大号『TVガイドPLUS』嵐/KinKi Kids/Sexy Zone/香取慎吾など掲載
【ビルボード】KinKi Kids『N album』、『君の名は。』を退けて総合ALチャート制覇
NGT48北原里英&℃-ute矢島舞美が裏表カバー『My Girl vol.15』付録ブックはまるごと小倉唯

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP