ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

深夜食堂公開の小林薫 「役者は趣味なんて持たなくていい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を2度獲得。脇役を演じれば、存在感ある演技で印象に残る名バイプレーヤーが小林薫(65才)だ。渋い演技からゆるい人物までを演じる小林は、まさに“カメレオン俳優”の代表格だろう。そんな彼の代表作で、海外でも大ヒットしている『続・深夜食堂』(11月5日公開)の現場に密着すると、“ミステリアスなマスター”とはまた違う素顔を見せてくれた。

 繁華街の片隅で夜12時に店を開ける『めしや』。メニューは豚汁定食とお酒だけだが、「できるもんなら作るよ」という、なんともゆるい食堂のマスターを演じているのが、俳優の小林薫だ。

「この『深夜食堂』は2009年のテレビドラマシリーズからスタートしているから、マスターは8年目。なのにまだ本名すらわかんないんだよね(笑い)」

 謎が多いマスターを慕って集まってくる常連客たちも、ひと癖ありそうな人物ばかり。

「みんなどこかにいそうな人たちなんだよね。味わい深いというか…」

 味わいといえば、この作品の大きな魅力がマスターの作る料理の数々。定番の豚汁にはじまり、ナポリタン、焼き肉定食、卵焼きなど、見ているだけでおなかが鳴ってしまう。

「料理はフードスタイリストの飯島奈美さんが手がけてくれているんですが、見た目だけじゃなくて本当においしい! あの料理が食べたいから『深夜食堂』に出演したいという役者さんがいるくらい、おいしいんです」

 通常、ドラマや映画などでは“おいしそうに見える”ことに重点を置きがちだが、『深夜食堂』では“実際に食べておいしい”料理を登場させる。

「撮影ではぼくが作っているんだけど、おいしくできるのは隣で奈美さんが“そこで火を強めてください”などアドバイスをしてくださるからこそ。でも撮影中はテンションが高くなってるもんだから“ひとりでも作れるだろう”と自宅で卵焼きを作ってみたことがあるんですよ」

 その出来映えは?

「まずいわけじゃないんだけど、やっぱり何かが違うんですよね。作ってる最中も“卵が膨らんできたら箸でつぶして…”と考えながらやってると、つぶしている間に焦げちゃったりして(笑い)。役と実生活はやっぱり違いますよね」

 競走馬の馬主でもあり、競馬好きとして知られる小林。しかし実生活で趣味と呼べるものは、ほとんどないのだという。

「役者は、趣味なんて持たなくてもいいと思ってるんです。趣味と実益を兼ねたのが芝居だから。撮影現場に行くと、おもしろいことがいっぱいある。『深夜食堂』だったら、“ああ、奈美さんは今日もおいしい料理を用意しているな。美術スタッフも頑張ってるな”と思いながらそこにいることが、おもしろい。共演者が台詞を何度もとちるのも、おもしろい。これ以上おもしろいものを持ったら、贅沢だと思うんです」

 70年代、唐十郎(76才)が率いた劇団『状況劇場』の看板役者として活躍し、数々の映画、ドラマで存在感のある演技を私たちに見せ続けてくれている小林は、根っからの役者なのだ。

「この先のことは何も考えてないですね。ダメになったらそのときのことだし、自分で“もう役者はいいや”と思っていても、オファーが来るかもしれない。現場に行くのがしんどいって思うようになるまではやってていいんじゃないかな」

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
映画『深夜食堂』ヒット祈願で小林薫と常連客が勢ぞろい
NHKドラマで萩原健一と親子役 忽那汐里のさわやかな笑顔
リアル『深夜食堂』も存在 原作に影響受けた店や行列天ぷら店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP