ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう食べた?高さ28センチのド迫力「にくなべ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格的な鍋料理シーズンが到来。仲間と一緒に食べるなら、こんなフォトジェニックな鍋はいかが?

神戸牛と黒部和牛専門の質と価格にこだわる「にくなべ屋・びいどろ」は、神戸と東京にそれぞれ3店舗を構える人気店。地元神戸では、ラグビーやサッカー、プロ野球など味にもボリュームにもうるさいプロスポーツ選手がわざわざ通うお店としても有名だ。東京店でも舌の肥えた食通の芸能人が訪れているそう。

昨年同店に登場しテレビでも話題になった、びいどろ名物「にくなべ」は神戸牛のバラ肉スライスを中心に、1人前240gもある牛肉と豚肉をタワー状に積み上げたド迫力鍋。なんと高さは28センチを超える。味は甘辛味の赤鍋と、白味噌仕立てのあっさり上品な白鍋から選べる。

 

別名、赤富士鍋とも呼ばれる一番人気の赤鍋は、夕日に照らされた富士山のような迫力のあるビジュアル。写真を思わず撮りたくなるフォトジェニックな人気の一品だ。

見た目に気を取られがちだが、味のインパクトも大。神戸牛の入った「にくなべ」は他では味わえない独創的な味。神戸牛と野菜の旨みと濃厚なダシの味わいが効いている。

SNSでも話題になりそうな「にくなべ」、この冬体験してみては?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。