ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格】「プライベートバンカー」 ~資産運用、相続、税制…現在成長中の富裕層向けビジネスでニーズを掴め~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新しい人生を切り開きたい!そのために何か資格が欲しい!」、そんなあなた。それなら、現在成長中の市場で、今後もニーズの高まりが予想される食いっぱぐれにくい資格を目指してみませんか?

というわけで、資格情報誌「稼げる資格」編集長を務める資格の専門家・乾喜一郎さんに、おすすめの資格をピックアップしてもらいました。

今回は、「プライベートバンカー(PB)資格試験」をご紹介。注目の理由から取得のためのポイント、永く稼げるためのコツまで、 一気にお教えします。

税制や事業承継、相続等を富裕層の視点から実践的に学ぶ。

コンサル営業の必須アイテム。

だから稼げる!「稼げる資格」編集長の注目ポイント

金融資産投資や不動産投資など、富裕層を対象としたビジネスは成長中で注目されています。とはいえ、一般家庭に生まれ育った我々にとっては、彼らが何を考え、何を課題にしているのか、今一つよくわかりません。プライベートバンカー(PB)の理論を学べば、幅広い金融知識にとどまらず、彼らの視野・視点を手に入れることができます。富裕層の顧客との信頼関係を構築できる実践的なスキルは、他者との差別化につながるでしょう。

どう稼ぐ?

銀行や証券会社など、金融業界で広く活用できる。税理士や会計士、FPとして活躍している人がPB資格を取得すれば、スキルアップにつながり仕事の幅が広がるほか、就職活動中の学生が取得すれば、セールスポイントとしてアピールできる。

どう学ぶ?

初級のPBコーディネーターの場合、専用テキストとテキストをやさしく解説した学習動画で基礎知識を身につける。過去問は非公開だが、日本証券アナリスト協会HPにあるサンプル問題で自分のレベルや苦手分野を把握しながら学習を進めるのが効果的だ。

どんな資格?

富裕層に対してファミリー全体を見渡した資産運用、事業・資産の承継方法を立案、支援するのがプライベートバンカー(PB)だ。特に、資産の保全や運用、次世代への承継などの課題に対する総合的な知識が問われる。

いかかでしたか?あなたにとって「プライベートバンカー(PB)資格試験」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?

大切なのは一歩踏み出す勇気。ぜひともこの資格と共に、いつの時代にも「稼げる力」を手に入れましょう。

構成/文 ケイマナニュース!編集部

※この記事は2016年10月時点での情報を基に作成しています。

乾 喜一郎(いぬい きいちろう)

医療や会計の定番国家資格から、知る人ぞ知る手に職系資格まで、600以上の資格に精通する、資格専門誌「稼げる資格」編集長。

文部科学省「社会人学び直しプログラム委員会」委員。

関連記事リンク(外部サイト)

【稼げる資格】「メイクアップアーティスト」 ~婚活メイクからパーティーメイクまで、夢を現実にする資格~
【稼げる資格】「食品サンプル制作技術者」 ~外国人にも大人気!クールジャパンな近代工芸品~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP