ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニー・デップ、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編に出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョニー・デップが、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編に出演する。

同作を手掛ける米ワーナー・ブラザースは、デップが演じる役柄を公表していない。デップは、11月18日(現地時間)に米劇場公開となる『ファンタスティック・ビースト』にもわずかに出演する。同作は、エディ・レッドメインが主人公ニュート・スキャマンダーを演じ、デヴィッド・イェーツが監督を務める。

小説『ハリー・ポッター』シリーズの著者で、『ファンタスティック・ビースト』の脚本を担当したJ・K・ローリングは、10月13日(現地時間)に開催されたファンイベントにて、『ファンタスティック・ビースト』シリーズが5部作に及ぶ計画を明かした。米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズは、8月に、同シリーズの第2弾がエディ・レッドメイン主演で既に進行していると公表していた。

続編でもローリングの脚本を基にイェーツが監督を務め、デヴィッド・ハイマンがプロデュースする。ファンイベントでイェーツ監督は、続編では第1弾のニューヨークとは異なる世界主要都市を舞台にすると語った。『ハリー・ポッター』シリーズの後半4作品を手掛けたイェーツ監督は、「まったく異なる作品になるだろう」と、付け加えた。

『ファンタスティック・ビースト』の続編は、2018年11月16日(現地時間)に米劇場公開となる。撮影は、来年に始まる予定だ。シリーズ第3弾から第5弾の公開日は、まだ決まっていない。

『ファンタスティック・ビースト』は1926年を舞台に、(自身のスーツケースに隠したものも含め)魔法生物の調査と保護を目的に世界を旅するレッドメインが、ニューヨークを訪れる。うかつにも魔法生物が逃げ出し、大混乱が巻き起こる。

『ファンタスティック・ビースト』には、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル、ジョン・ヴォイトらも出演する。彼らの続編への出演については、アナウンスされていない。

デップは最近、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)からCAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)に代理人契約を切り替えた。彼は、2017年5月26日(現地時間)に米劇場公開となる映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で、5度目となるキャプテン・ジャック・スパロウを演じる。

デップはさらに、米FOXのリメイク版映画『オリエント急行殺人事件』で、彼のアシスタント兼通訳の役を演じるジョシュ・ギャッドと共演する。同作は、2017年11月17日(現地時間)に米劇場公開となる。

デップのキャスティングに関するニュースは、Deadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP