ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「マリー・アントワネット展」で泣きました。心揺さぶられる、その理由は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス革命、ロココの女王、首飾り事件、ベルサイユ、

こんな言葉を聞いただけでも、むねがときめく女性も多いのではないでしょうか?

そんな、「世界で一番愛され、そして憎まれた女性」と言われているマリー・アントワネットの魅力を堪能でき、隠された本質を見ることができる「マリー・アントワネット展」に早速行ってきましたので、レポートしたいと思います。

マリー・アントワネットの魅力とは?

筆者・小川も、漫画と宝塚歌劇団の「ベルサイユのばら」はもちろん、遠藤周作著小説「王妃マリー・アントワネット」、ウィーンミュージカル「マリー・アントワネット」、フランスミュージカル「1789バスティーユの恋人たち」、そして、ソフィア・コッポラ監督の映画「マリー・アントワネット」、と彼女に関連した作品は絶対見るくらい、「マリー・アントワネット」に魅了されているひとりです。

1755年、女帝マリア・テレジアの皇女として生まれ、14歳でフランスに嫁ぎ……

と、経歴のほうは調べればわかる事と思いますが、やはり1番の魅力は、なんといっても、愛くるしいまでの華やかさではないでしょうか。描かれたどの絵画を見ても、オーラをまとったような美しさがあふれていて、当時も今も、その美しさに人々は惹きつけられるのだと思います。

さあ早速会場へ向かいましょう!

会場は、森アーツセンターギャラリー

六本木ヒルズ森タワー52階にある、森アーツセンターギャラリー。

入口へは、こちらの階段を上り……

チケットをこちらの窓口で購入、または前売り券を引き換えます。

エレベーターで一気に52階まで向かいます。

こちらが入口。期待が高まりますね。

会場のお客さんは、やはり9割が女性でした。会場内は一部を除き撮影禁止ですのでご注意ください。

展示物は?

今回の「マリー・アントワネット展」はヴェルサイユ宮殿が監修ということで、学生時代の世界史の教科書に出ていたようなマリー・アントワネットの肖像画はもちろん、彼女がコレクションしていた磁器類や実際に身に着けていたものまで展示されていて、よりリアルにマリー・アントワネットという人間を感じることができたように感じました。

展示の中で唯一撮影が可能だったのが、こちらのマリーが長女を生んだ直後に過ごしていた部屋の再現。

この部屋をはじめ、宮殿内の多くのインテリアを彼女が決めていたそうです。センスの高さがわかりますね。

何度来ても楽しめる? 音声ガイド

美術館や、展覧会をよりディープに楽しむことができるアイテムといえば「音声ガイド」ですが、この「マリー・アントワネット展」も魅力的な方々が音声ガイドをつとめていらっしゃいます。

オフィシャルサポーター 木村佳乃 が現代の私たちとマリー・アントワネットの時代を橋渡し。驚きのフランス宮廷文化、そして”真実”の王妃を読み解きます。マリー・アントワネット役に女優 花總まり。そして、語り役、フェルセン役ほかには、声優 平川大輔という豪華キャストがご案内します。

公式サイト「音声ガイド」ページより

レンタル料は600円。レンタルした方にはオリジナルのしおりもついてきます。

私個人の楽しみ方としては、まずはガイドなしで、自分の主観や知識だけで作品を楽しみます。そして、2周目(再入場できない美術展もありますので要注意!)、または2回目に来た時に音声ガイドを聞き、より世界を膨らませて楽しむようにしています。

花總まりさんが演じるマリーは、可愛らしくかつ気品にあふれていて、特に、最後の手紙は、手紙の展示の前で本当に泣きました!!! あくまで、これは筆者個人の楽しみ方ですので、みなさんそれぞれの観覧を楽しんでくださいね。

乙女心をくすぐられるコラボグッズ

スーベニアコーナーもオリジナルグッズを買い求める女性で大混雑でした。

絵葉書やクリアファイル等はもちろん、この会場でしか手に入れることのできない、コラボレーショングッズもあります。

そのうちの一つがラデュレの[会場限定]マカロンボックス『コフレ・ヴェルサイユ・マリー・アントワネット』(マカロン8個入)3,575円(税込)マリーをイメージした「ローズ・アニス」のマカロンが限定デザインのボックスに入っています。私は平日15時くらいに伺ったのですが本日分は完売しており、残念ながら実物を見る事は叶いませんでした。

そのほか、飴家えいたろうとコラボしたまるでリップのようなシロップ等、どれもほしくなってしまう素敵なグッズばかり!

六本木ヒルズ全体でコラボ

展覧会会場だけでなく、この会期中、六本木ヒルズ内のレストランやカフェでコラボレーションメニューを提供しています。

余談ですが、筆者はフルーツの中でラズベリーが一番好きなんです!! マリー・アントワネット自身はリンゴが好きだったそうですが、マリー・アントワネットから連想されるデザートはたいていラズベリーが使われていて、今回のコラボメニューにも、たくさん。これは食べずに帰れない! と筆者も食べてきました。

こちらは5階「ヒルズ ダル・マット」で提供されている「マリールージュ」(1,620円) というメニュー。ローズやベリーをふんだんに使った贅沢なデザートプレート。口に入れた瞬間に、バラやラズベリーの風味が広がり夢心地なくらいおいしかったです。

そしてこちらは、2階「カフェクレープ」の、まるでブーケのような華やかなクレープ!写真では見えづらいですが、クレープ生地もピンクなんですよ!見た目だけでなく、中にもアレキサンドリアマスカットがたくさん入っていて、味も大満足。展覧会を見た後に、王妃気分を味わえたようでした。また、これらのコラボメニュー、年明けからは、王妃が好きだったリンゴを使ったメニューと切り替わるそうなので、食べたい方は年内に行ってくださいね。

まとめ

王妃として、女性として、母として、華やかすぎるくらいの生活の陰で、心にぽっかり空いてしまっている穴を埋める「何か」を必死に探し求めていた。そんなマリー・アントワネットの生き様に人々は憧れや共感を抱くのかもしれませんね。ますますマリー・アントワネットが好きになりました。ぜひ皆様も心揺さぶられる展示たちを見て、味わってみてはいかがですか?

ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展2016年10月25日(火)−2017年2月26日(日)午前 10時−午後8時(但し、火曜日および10月27日(木)は午後5時まで)※入館は閉館の30分前まで当日一般1,800円

公式HPはこちら

乙女心

今回の記事は思い入れとオタク気質が強すぎて、かなり濃厚な想いが隠し切れない文章となってしまいました。最後までお読みいただきありがとうございました。昔から大好きで憧れのマリー・アントワネットの魅力に迫る展覧会、皆様も行ってみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

札幌の魅力を再発見!シェアサイクル「ポロクル」を実際に使ってみた
ハワイの超人気カフェが日本初上陸!「MORNING GLASS COFFEE + CAFĒ 大阪店」さっそく行ってきた!
岐阜県「曽木公園」は紅葉見たあと温泉でポカポカできる…最強スポットじゃないか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP