ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢の消費税0%!全米がポートランドに憧れるその理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自然の多さや街のコンパクトさ、たくさんのカフェやお店が評価され、全米住みたい街ランキングNO.1に輝いたこともあるポートランド。今回は、そんな一度は訪れておきたい街ポートランド(portland)の魅力についてご紹介します!

どこにあるの?

ポートランドはアメリカ西海岸オレゴン州の北部にあり、北海道最北端と同じくらいの緯度に位置しています。シアトルからは車で6時間ほどです。日本からだと、成田国際空港からデルタ航空の直行便が出ているので、そちらを利用するのが便利。いつでも注目の的となるポートランド、果たしてどんな街なのでしょうか?


発達した公共交通機関を使ってすいすい移動が出来る

自然も多く、町は歩きやすいよう道が碁盤の目状に整備されていたり、電車やバスなどの公共交通機関が発達したりしています。一般のアメリカの空港は、街の郊外に位置していることが多く、タクシーやシャトルバスを利用するのが一般的ですが、ポートランド空港には日本と同じように電車が通っていて、市街地へのアクセスもとてもよいので、これなら初めて訪れる人も迷子にならずにすみますね!電車は路面を走っており、乗車券は2.5ドルですが、一日乗車券は5ドルでバスも乗り放題になるので、一日でたくさんの場所を巡りたい観光客にはおすすめです!

住民だけでなく、観光者にとってもありがたいですよね!

町中の至る所でアートが……!

ポートランドはアートの町としても有名です。市街地に美術館があるだけではなく、街の至る所でアートを見かけます。例えば、こんな壁や……

こんなモニュメントなどが街中にあふれています。

毎週土曜日のサタデーマーケットでは、ハンドメイドのアクセサリーや絵画なども購入できるほか、こんなテンポラリータトゥーも施してもらえます。


夢のTAX FREE……!!!!!

なんといっても、消費税ゼロ!!!! これはうれしい!旅行ってグルメや宿泊費、お土産なんかでなんだかんだお金かかりますもんね……。アメリカではオレゴン州をはじめとした、4つの州で消費税がかかりません。どこに旅行するよりもお買い得感が得られます。ポートランドには、ふたつのショッピングセンターをはじめとした多くのお店があります。例えば、NORDSTROM RACK。

ここはデパートの型落ち商品を安く提供しているアウトレット店です。ということは……いいものが格安・新品で買える!ということで潜入。

ここから好みの商品と自分に合うサイズを探します。ちなみに片足だけしか置いていませんがこの量! お気に入りが見つかればラッキー、カウンターに持っていきましょう。お兄さんがもう片方を倉庫から持ってきてくれます。リアル宝探しを体験できました!

Nordstrom Rack245 SW Morrison Street, Portland, OR 97204営業時間:月-土 10am〜9pm/日 10am〜7pm


おすすめの移動手段

そんな魅力がたくさんつまったポートランドですが、いくらコンパクトと言っても一日中街を歩き回ったら疲れてしまいますよね。そんなときにおすすめなのがUberLyftなどの配車サービスです。みなさんはUberやLyftを知っていますか? Uberは最近日本でも使えるようになったので知っている方も多いかもしれませんね!これらは配車サービスアプリで、自分たちがいるところまで迎えに来てくれて、行きたいところまで送ってくれるタクシーのようなサービスです。待ち時間やかかる料金などがわかり、タクシーより気軽に使えるのが特長です。

料金の支払いもアプリ上で簡単に出来るので、面倒くさいチップの計算も不要! ポートランドのような小さな町を移動するのに最適なので、ぜひ活用してみてください!いかがでしたか?ポートランドにはまだまだたくさんの魅力があります。次回はポートランドの観光スポットについて紹介したいと思います!

以上、ちゃんまんでした!

初執筆

初めての記事ということで伝えたいことを伝えられずにとても苦戦しました……。学校の文章とは違い、記事を書くって本当に難しいですね。ポートランドは消費税以外にもたくさん魅力があるので、またポートランドについて書けたらいいなと思っています!

関連記事リンク(外部サイト)

高級カリフォルニアワインをナパバレーで試飲!ワイナリーとワインショップを巡る旅
わざわざ列車で旅をする楽しさが「Amtrak」には詰まっていた
ハワイで使うと旅が楽しくなるハワイ語があるらしい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP