ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気持ちいいリンパマッサージ、 “リンパ”って結局何なの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近ではリンパマッサージが流行ったり、「リンパを流す」なんて言ったりしますが、“リンパ”って、そもそも何者なのでしょうか? ここではリンパの基本的な働きと、自分でできるリンパマッサージの方法をご紹介します。

“リンパ”の流れが体内を解毒する!

リンパって一体何なの? と思っている方も多いでしょう。リンパはドイツ語で「澄んでいる」という意味の言葉で、名前の通り血液とは違う澄んだ液体で体内の老廃物などを排出する働きがあります。人の体には静脈に絡みつく形で無数のリンパ管が張り巡らされています。その中を流れるのがリンパ液ですが、リンパ液は必要に応じて細胞組織から産出され、不要になった老廃物やタンパク質、ウイルスなどを回収する働きがあります。体に張り巡らされたリンパ管は次第に太いリンパ管になり、最終的には首の付け根の頸部リンパ節から鎖骨の下の静脈角に、そして静脈につながっています。リンパ節はリンパの濾過装置のようなもので、溜まった老廃物などはここでキレイに取り除かれます。

危険! “リンパ”の流れが滞るとどうなる?

リンパの流れが滞ってしまうと、体内の老廃物や疲労物質が残ってしまうので、疲れやすくなったり、お肌のツヤがなくなったりしてしまいます。血液はポンプの役目をする心臓によって全身に送られ、血液の流れが作り出されます。でも、リンパには心臓のような働きをする器官はありません。それでは、リンパはどのようにして流れるかというと、運動(筋肉の収縮)によって流れが作り出されるのです。安静にしている時は、四肢のリンパ液の流れはほとんどありません。リンパ液は、外部からの刺激で流してあげる必要があるのです。

リンパマッサージは「さする」だけでOK!

リンパは、血液のように速い流れではなく、大河のようにゆっくりと流れていると言われています。リンパを流すにはマッサージが有効ですが、実は肌をさするだけでもリンパは流れます。リンパは皮膚のすぐ下を流れているからです。そのためリンパマッサージは、力を入れなくても大丈夫。だから、自分でも簡単にできます。リンパの終点は鎖骨の下の静脈角なので、リンパマッサージの初めはまず首のリンパを刺激するといいでしょう。手を優しく肌に当てて、アゴの先から耳の下までさすったら、そのままゆっくりと首の付け根におろし、流れを鎖骨まで持っていくようにさすりましょう。顔のリンパも同じように顔の中心から、耳を通って鎖骨まで流します。入浴中や入浴後でも簡単にできるので、毎日ちょっとさすってあげれば、顔色も良くなってお肌がイキイキしてきますよ!

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP